〈店頭やSNSで動画を配信、渋谷でトークイベントも〉
J-オイルミルズは、今春新発売のから揚げ専用油「から揚げの日の油」のPRアンバサダーとして、人気お笑いコンビの千鳥(大吾さん、ノブさん)と、トレンディエンジェル(斎藤司さん、たかしさん)の起用を26日発表した。千鳥とトレンディエンジェルが「から揚げの日の油」で、から揚げを調理し、その特長をPRする動画を、量販店の鶏肉売場など店頭モニターやSNSで配信する。

2組のアンバサダー就任を記念して、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで同日、同じくお笑いコンビのガリットチュウも参加して、トークイベントが行われた。始めに、J-オイルミルズの古川光有・執行役員油脂事業部長が、「から揚げの日の油」について、「家庭での鶏肉の味付けはそのままに、油を『から揚げの日の油』に替えるだけで、専門店のようなおいしいから揚げができ上がる。鶏肉のうま味成分とショウガの香味油を閉じ込めているほか、少ない油でもカラっと仕上がる成分によるもので、時間が経ってもおいしく食べることができる。また、から揚げ専用とうたっているが、野菜の素揚げもおいしく調理でき、残った油でショウガ焼きやチャーハンを調理しても良いと思う。なおホームテストでは約9割の人に、おいしさや満足感で評価いただいている」と説明した。

さらに古川執行役員は商品に込めた想いとして、「誕生日や記念日までいかずとも、子供さんの活躍など、ちょっとうれしい事があったり、早く帰れる時は、『今日はから揚げの日』ということで、家族で楽しんでほしい」と語った。
J-オイルミルズ 古川光有執行役員

J-オイルミルズ 古川光有執行役員

〈千鳥・ノブさん「ショウガの味がむっちゃ効いていて専門店の味が出せている」〉
続いて千鳥、トレンディエンジェルの2組が登場し、「から揚げの日の油」の開封式を執り行った後、トレンディエンジェルの斎藤さんは「から『ハゲ』は思ったより少ない油で手軽にでき、でき立てはおいしいので、家でよく調理している」と、ハゲネタを織り交ぜながら、から揚げ好きをアピールした。
 
千鳥の大吾さんは「から揚げは家庭の味、母親の味。子供のころにはサンタさんにから揚げをねだったりして、親を困らせたことがある」と、似合わない思い出を披露。ノブさんは「『から揚げの日の油』はショウガの味がむっちゃ効いていて、専門店の味が出せているのが本当に不思議」と、商品を抜かりなくアピールしていた。
 
さらにゲストとして、「から揚げの日の油」を認定している日本唐揚協会の八木宏一郎専務理事が登場し、「今は09年に続く、から揚げブーム。専門店などが増える中で、専門の油だけが無く、から揚げ業界にとって『から揚げの日の油』は最終的な存在。後味の引っぱり方がいい。専門店は1日何十キロも揚げるので、鶏肉のおいしさが油にどんどん染み出るが、この商品はうま味が予めセットされているので、専門店と似た味が出せている」と評価した。
 
〈大豆油糧日報 2019年3月28日付〉