日本特産農産物協会は4月26日、令和元年産大豆の播種前入札結果を公表した。それによると、60kg当たりの平均落札価格は8,351円となり、上場数量1万5,355tに対し、落札数量は8,425tだった。平均落札率は55%で、前年産よりも22ポイント上昇した。

銘柄別では、九州フクユタカは、福岡産が8,681円、佐賀県産は8,360円、熊本産が8,198円と、いずれも8,000円台の水準となっている。

一方で、平成30年産が大幅減産となった東海フクユタカは、岐阜産が8,453円、愛知産が9,391円、三重産が8,090円を付けており、愛知産の高値が目立っている。

このほか、北海道とよまさりは7,725円をつけ、落札率は20%に留まっている。東北・北陸銘柄も7,000円台での落札価格が散見され、比較的安値圏での値位置となっている。

〈大豆油糧日報 2019年5月7日付〉