築野食品工業は8月30日、同社がプロデュースした代官山にあるアンテナショップ「コメユキッチン」で、国産こめ油と米粉を使用した、ヘルシースイーツ「come×come」(コメトコメ)の発売を記念して、製菓・製パン用こめ油「Patisserie & Boulangerie Oil(P&Bオイル)」を使ったスイーツの試食会を実施した。ゲストにはNPO日本食育インストラクター、パン講師の資格まで保有するフリーアナウンサー本多小百合さんを迎え、簡単にできるこめ油と米粉を使った蒸しパンの調理を実演し、「P&Bオイル」の実力を披露した。

冒頭あいさつした同社の築野富美社長は簡単に会社概要を説明した上で、「コメユキッチンはアンテナショップとして一年前にオープンし、こめ油を使った料理や簡便商品に加え、米ぬかの機能性成分を含んだ化粧品などを販売してきた。今回は新商品の発売を機に、お店で提供するメニューをリニューアルし、グルテンフリーで体に優しいスイーツや、お子様に安全安心を届けられるキッズメニューを開発し提供できるようにした」とし、こめ油の魅力をさらに発信していく意欲を示した。

次いで、経営企画室の築野靖子氏が「コメトコメ」とそれに使用されている「P&Bオイル」の商品特長について説明した。「『コメトコメ』はこめ油で素材を楽しんでいただきたいと思いから作ったグルテンフリースイーツ。こめ油は健康・美容に良く、素材の味を引き立てる、手軽で安心などが大きな特長となっている。とにかくリピート率の高い油。くせのない油なので、お料理を選ばない。加熱をしても壊れない機能性成分を含んでおり、和食から中華と幅広く使っていただける。『P&Bオイル』は抗酸化成分r-オリザノールを豊富に含んでいる製菓・製パン用のこめ油。当社通常品に比べ7倍のオリザノールを含んでいる。また、乳化性が良く牛乳と油分が混ざりやすく、熱すると甘い匂いがする。『P&Bオイル』を製菓・製パン用に使うと、生地の中に水分と油分がしっかりとどまって、しっとりと仕上がる。スポンジではきめが細かくふんわりした食感にもなる。油を熱した際、嫌な臭いがしないので、素材の風味を活かせるなどといった特長をもっている」と紹介した。

〈「P&Bオイル」使用の米粉蒸しパンはしっとりきめ細かな生地にできあがる〉
本多さんによる蒸しパン作りの実演では、「P&Bオイル」を使った米粉蒸しパンを、レンジを使って簡単に作ることができる手順を伝授した。油や牛乳など材料をボールに入れ、「P&Bオイル」を足すと、滑らかに混ざっていく様子を来場者に確認してもらうことで、「P&Bオイル」の乳化性の高さを示した。「生地がしっとり出来上がる。クセがないのでどんな料理にも合う。ドレッシングや揚げ物にも最適で、油切れがすごくいい。『P&Bオイル』と米粉を使う他のレシピでは、サクッとした口当たりの良いパン、ピザパンなど作るのにぴったりなオイルだと思う」と絶賛した。

「P&Bオイル」は米だけが持つ天然成分「r-オリザノール」を独自製法で多くの残しているのが特長。水分と油分が生地にとどまり、しっとりと仕上がるほか、きめの細かい生地ができあがり、ふんわり食感になることなどが特長となっている。

〈大豆油糧日報 2019年9月5日付〉
「P&Bオイル」使用の米粉蒸しパン

「P&Bオイル」使用の米粉蒸しパン