料理写真共有アプリ「SnapDish(スナップディッシュ)」を運営するヴァズ(東京都練馬区)が、同アプリの利用者に「みそ汁」に関する調査を行った結果、毎日のように習慣的に食べる人が多い一方で、マンネリ化の悩みや健康効果への期待が明らかとなった。これを受けヴァズでは、日清オイリオグループ、マルコメと共同で、「みそ汁にオイルをかける食習慣」の提案を行い、生活者ニーズに応える企画を実施する。19年10月4日〜31日、オイルをかけたみそ汁の投稿を、スナップディッシュアプリとインスタグラムで募集し、投稿者の中から計15人に、「日清オイリオ鮮度のギフトセット」(10人)、「日清オイリオ商品&マルコメ商品 詰め合わせ」(5人)をプレゼントする。

スナップディッシュユーザーを対象に行った「みそ汁」に関する調査では、みそ汁を「週4回以上」作る人の割合が71%となり、一般調査の45%と比較すると26ポイント高い結果となった。いわゆる「みそ汁高関与層」から回答を得たと言える同調査では、「みそ汁を作る理由」として約4割が「習慣化しているから」を挙げており、次いで約3割が「健康や栄養のため」と回答した。

同調査で、「みそ汁に関する悩み」を聞いたところ、最も多かったのが、みそ汁の具材や味の「マンネリ化」。「いつも似たような味(具)になってしまうので、変わり映えしない」(30代・女性)など、習慣化しているからこその悩みが生まれていることが明らかとなったという。

〈マンネリ化回避の最多回答は「オイルをかける」〉
毎日のみそ汁を楽しむための工夫を聞いたところ、数ある回答の中で約13.8%と最多となったのが「オイルをかける」という回答だった。みそ汁にオイルをかけることで、手軽に風味を変えられたり、味にコクを加えることができるという声が多いほか、近年注目の集まっているオイルの健康効果を習慣的に取り入れることができるなど、実用性を兼ね備えている点も人気のポイントだそうだ。かけるオイルを変えるだけで味のバリエーションが増えるので、みそ汁の課題であるマンネリ化を回避し、毎日のみそ汁をより美味しく楽しくするアイディアとして支持を集めていることがわかったとした。

スナップディッシュでは、調査で明らかになった「みそ汁を楽しむアイディア」を他の多くの人にも体験してもらうことで、「マンネリ化」の悩みを解決できるのではないかと考え、「鮮度のオイルシリーズ」を展開している日清オイリオグループと、「液みそシリーズ」を展開しているマルコメとの3社共同で、毎日のみそ汁に「オイルをかける」ことを提案する企画を実施する。この取り組みにより、みそ汁習慣で一番の悩みである「マンネリ化」の解消と、みそ汁を作る理由にも多く見られた健康へのニーズを満たし、生活者の食生活をより豊かに、より楽しくしていきたいと考えているとする。

◇キャンペーンサイト
https://snapdish.co/s3/campaigns/434/index.html

〈大豆油糧日報 2019年10月8日付〉