インターネット調査「日本トレンドリサーチ」を運営するNEXER(東京都豊島区)はこのほど、「免疫力を高める食事」に関する調査を実施し、その結果を公開した。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、スーパーを中心に納豆やヨーグルトがよく売れている。今回、NEXERは「食事で免疫力を高める」ということについて、全国の人々がどのように考えているか調査した。調査期間は3月16日~18日、集計対象人数は1,224人。

「免疫力を高めると言われている食材を食事に取り入れているか」の質問に対しては、36.8%が「取り入れている」と回答した。さらに、どういう食材を取り入れているかを尋ねると、ヨーグルト(75.6%)、納豆(74.9%)、味噌(57.2%)の順で高く、発酵食品を食事に取り入れている人が多い傾向となった。「その他」と回答した人の中にも、キムチやチーズなどの発酵食品を積極的に取り入れているといった意見が多く見られたという。

〈大豆油糧日報2020年4月6日〉