ギョーザの製造・販売を行う信栄食品は、オリジナルブランド「MUSCLE GYOZA ~マッスルギョーザ~」の新商品として、食肉の代わりに大豆ミートを使った「MUSCLE GYOZA Veggie~マッスルギョーザベジ~」を4月8日から自社ECサイトとアマゾン・楽天で販売開始した。

同商品はもともと、同社従来品(通常の餃子)と比べて、カロリー34%オフ、糖質50%オフ、脂質40%オフのギョウザで、今回大豆ミートを使用することで、高たん白化を実現した。動物原材料は不使用とし、中華風の優しくまろやかな味に仕上げた。餃子は食感が楽しめるように、粒の大きさにもこだわった。従来シリーズと同様、皮に小麦ふすまを使い糖質をカットしている。1袋40個入りで、価格は1,980円(送料込)。

〈大豆油糧日報2020年4月10日付〉