未来のたん白源として昆虫食が注目を集めている。栄養価が高く、環境負荷は低いのが特徴で、成長の早さから安定供給も見込め、世界的な人口増加による食糧危機の問題解決につながることも期待されている。国内でも関連企業が昆虫由来のさまざまな食品を発売し、無印良品を展開する良品計画も先月、「こおろぎせんべい」で参入し、話題となった。

ただ、まだまだ昆虫食に対する抵抗感、忌避感は強いのが現状だ。それでも、食べやすく、挑戦しやすいように加工度を高めた菓子やおつまみをはじめ、原形をとどめず独特のうま味と香りを生かしたビールなどの酒類、しょうゆや塩などの基礎調味料の開発も目立ち、素材・原料としてのポテンシャルは高い。

近い将来、当たり前のように食卓に並んでいる可能性は十分にありえそうだ。
昆虫を使用した最近の主な開発商品

昆虫を使用した最近の主な開発商品


2030年には世界人口は90億人を超えるとみられ、食糧問題は避けて通れない人類共通の課題といえる。すでに13年時点で、国際連合食糧農業機関(FAO)は、その解決手段として昆虫食を推奨する報告書を発表している。
 
たとえば、コオロギはその重量の約7割はたん白で、低糖質な上、9種の必須アミノ酸、鉄分、カルシウム、オメガ3など栄養満点のスーパーフードとも称される。また、牛や豚、鶏など家畜と比べ、生育時のCO2排出量は少なく、飼料や水の必要量もはるかに少なくて済む。さらには、雑食のため食品残渣を与えることで、食糧廃棄を減らせることにもつながる。
 
昆虫食でさまざま取り組みを行っているのがJoin Earth(東京都中央区)の昆虫食を探求するチーム「ANTCICADA(アントシカダ)」だ。15年に「ラーメン凪」と「コオロギラーメン」を共同開発して以来、国内外で人気を博した。
 
4月下旬には通販用の「おうちでコオロギラーメン」を販売開始した。新型コロナウイルスの影響で開業を見送っていた「コオロギラーメン」と「地球を味わうコース料理」の2営業形態のレストランを中央区日本橋にオープンしている。
 
また、アントシカダは、愛知県の桝塚味噌の協力で「コオロギ醤油」の開発を実現した。うま味とコオロギ由来の香りを持ち、クセは少なく、さまざまな料理に使うことができるという。
 
調味料では、アールオーエヌ(埼玉県戸田市)は2019年10月、運営する昆虫食通販サイト「バグズファーム」で、「コオロギ塩」の販売を開始した。フレンチシェフが同社のコオロギパウダーを試食すると、「塩との相性が抜群」と助言したことが開発のきっかけだという。コクハク(東京都渋谷区)も昨年11月、昆虫食ドレッシングブランド「TWO THIRDS」をアントシカダと共同開発している。
 
大学も昆虫食の研究を進めている。中でも徳島大学は昆虫食研究で最先端を走っており、良品計画とも協業している。トヨタグループのジェイテクト(名古屋市中村区)も同大学発のベンチャー企業グリラスと食用コオロギの生産で業務提携した。IoT技術などで自動飼育の実用化を推進し、大量・安全供給の実現を目指す。
 
高崎経済大学発のベンチャーFUTURENAUT(群馬県高崎市)は、同社のコオロギパウダーを使ったレシピコンテストを開催する。応募期間は7月31日まで。同社は「まだこの新しい食品に対する忌避感は強く、市場普及は限定的」と捉えており、今回の企画は昆虫食に対する抵抗感を減らし、社会理解の形成を目指して市場拡大をうながすことを目的とする。大手製パン・製粉メーカーも協賛していることにも注目だ。 
 
〈大豆油糧日報2020年6月26日付〉