日本の代替肉ブランドとして世界展開を進めるネクストミーツ(東京都新宿区)は、世界最大級の代替肉メーカーである台湾HOYA(弘陽食品股彬有限公司)との共同開発契約を締結した。

日本と台湾共同で代替肉商品を開発し広めていくことで、地球の持続可能性に貢献するとしている。ネクストミーツの技術とノウハウ、HOYAの生産力と現地での販売力を活かし、代替肉の原料および商品化についての共同開発を行う。

ネクストミーツでは、「人口の10%がベジタリアンと言われており、日本ブランドが受け入れられやすい台湾で、スピードを上げて代替肉の普及に取り組んでいく。『日本ブランド、世界発信』を合言葉に、同時多発的に日本の代替肉を世界に広めていくことで、地球の持続可能性に貢献できると考えている」とコメントしている。

〈大豆油糧日報2021年1月15日付〉