フジッコは、新ブランド「Beanus(ビーナス)」から、大豆を主原料にした米状の食品「ダイズライス」を使用した冷凍食品5品を、3月24日に開設した直販ECサイトで販売をスタートした。

また、3月24日から東京都内のレストラン「麻布十番薬膳カレー新海」「T'sレストラン」とコラボレーションを開始し、同店でダイズライスを使用したメニューを提供開始している。

「ダイズライス」は、定番のプレーンタイプに加え、食べやすく味付けした4つのメニューをそろえた。プレーンタイプ(150g、300円、税込・以下同)は、ごはんのようにそのままでも、自由にアレンジもできる。主食として食べるだけで1食あたり約24gのたん白質が摂れる。味つけをしていないので好きな食べ方ができる。糖質は米と比べて85%オフとなっている。

ダイズライスの炒めごはんでは、ガパオ(165g、500円)とトムヤム(165g、500円)の2品をラインアップした。糖質が気になるアジアンメニューをヘルシーに調理できる。ガパオはバジルとナンプラーの香りを効かせ本格的な味わいに仕上げた。たん白質は約30g摂れる。トムヤムクンをイメージした炒めメニューでは、たん白質が約27g摂れる。

ダイズライスのいなり寿司では、黒ごまいなり(159g、400円)と梅いなり(159g、400円)の2品をそろえた。中身も外側も大豆づくしでヘルシーなメニューとなっている。黒ごまは黒酢を使用し、コクのある味わいに仕上げた。1パックに3個入り。たん白質は約21g摂れる。梅いなりは穏やかな梅の酸味としその香りがアクセントになっている。1パックに3個入り。たん白質は約20g摂れる。

◆「Beanus(ビーナス)」ブランドサイト

〈大豆油糧日報2021年3月26日付〉