カゴメは9月13日から、動物性原材料を配合せず、植物性素材を使用した「野菜と豆のマッサマンカレー」を発売する。税込み店頭想定価格320円前後。

【関連記事】「2foods プラントベースオムライス」Makuakeで先行予約発売、カゴメとTWOの共同開発第1弾、プラントベースエッグの販売戦略も両社で立案中

同社は、プラントベースフードへのニーズの高まりを受けて、2019年より植物素材を使った商品を業務用チャネル中心に販売を開始した。2021年秋からは家庭用チャネル向けとして販売をスタートした。新たに「野菜と豆のマッサマンカレー」を発売し、シリーズのラインナップをさらに拡充する。

同商品は、植物素材を使ったプラントベースのタイカレーだ。カシューナッツの風味をにんじんの甘味や独自のスパイス配合で引き立てることで、動物性原材料不配合でも満足できる濃厚なコクや甘味に仕上げた。1袋あたり、野菜の量125g分使用している。

常温でストックできる1食使い切りタイプで、温めるだけで食べられるため、在宅時の昼食などにもおすすめだとする。ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認定商品でもある。

〈大豆油糧日報2022年7月25日付〉