月刊 米と流通

月刊 米と流通

米穀販売業界を対象にした専門月刊誌

米と流通

米産地の生産動向、生育概況のほか、米穀の取引相場、米穀専門販売店「売りのノウハウ」を満載しています。発刊以来間もなく35年を迎えようとしている 「親しまれる米穀専門誌」を目指しています。また、これから米ビジネスにチャレンジされようとしている方にも、わかりやすい内容で編集しています。


創刊:
昭和53年(1978年)4月
発行:
毎月1日(別冊「わかりやすい米のハンドブック」含め年12回)
体裁:
B5判 約60ページ
主な読者:
米穀卸・小売、産地集荷業者、JA、生産法人、行政機関、量販店、外食産業、金融機関ほか
発送:
メール便による配送
購読料:
1年=本体価格15,000円+税(送料込) *別冊「わかりやすい米のハンドブック」含みます

バックナンバー 最新号のご案内

紙面サンプル

2018年5月号

評林 “「全農再」が稲作の未来を担う”!?

〈インタビュー〉全国農業協同組合連合会 常務理事・高尾雅之氏 自己改革の必達は「至上命題」
本誌では、全農で米穀事業を担当する高尾雅之常務理事にインタビューを実施した。全農が各県の種子協会に聞き取りした限りでは、30年産米は「全体として生産量が増大する基調には無い」と高尾常務は説明する。

〈特集〉木徳神糧(株)本社併設「テストキッチン」

・TOPICS

・不定期連載 団体職員の独り言 2 江戸川大学藤沢ゼミの「ガンバレお米屋PJ」
・コメトーーク 7 水田フル活用(1)
・稲 徒然なるままに 米 第30回 稲作が決めた4月入学式・入社式
・ライスネットの相場展望/ライスネットワーク・イン・ジャパン 186 何もかも相場下げた4月 GW需要は在庫で賄い、動くのは6月か
・元気な米屋 東京都墨田区・(資)亀太商店 品質・特性本位の品揃え、伝統の三段挽き精米  「駒形どぜう」との産地訪問26年「土鍋炊飯」専門店とのコラボも盛況
・米売れ筋POSランキング2018 年3月 ㈱KSP-SP 金額・数量とも2か月連続の前月比増 「高米価」で着実に需要逃げたが、残る需要は「高米価」に馴らされたか

〈資料〉
・米取引業者の景況判断DI(米穀機構)
・事前契約数量と相対価格・契約数量の推移(農水省)
・相対取引価格と相対契約数量(農水省)
・産地別集荷・契約・販売状況(農水省)
・民間在庫の推移(農水省)
・産地別民間在庫の内訳(農水省)
・米の家計調査、小売物価統計(総務省)
・米の消費動向調査結果(米穀機構)
・大阪堂島商品取引所コメ先物相場実績
・4月のBBN米価


バックナンバーの見出しを見る

TOPへ

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.