月刊 米と流通

月刊 米と流通

米穀販売業界を対象にした専門月刊誌

米と流通

米産地の生産動向、生育概況のほか、米穀の取引相場、米穀専門販売店「売りのノウハウ」を満載しています。発刊以来間もなく35年を迎えようとしている 「親しまれる米穀専門誌」を目指しています。また、これから米ビジネスにチャレンジされようとしている方にも、わかりやすい内容で編集しています。


創刊:
昭和53年(1978年)4月
発行:
毎月1日(別冊「わかりやすい米のハンドブック」含め年12回)
体裁:
B5判 約60ページ
主な読者:
米穀卸・小売、産地集荷業者、JA、生産法人、行政機関、量販店、外食産業、金融機関ほか
発送:
メール便による配送
購読料:
1年=本体価格15,000円+税(送料込) *別冊「わかりやすい米のハンドブック」含みます

バックナンバー 最新号のご案内

紙面サンプル

2018年6月号

・ 評林 「平成31年産」に向けて

・〈インタビュー (株)神明 社長 藤尾益雄氏〉M&Aは一段落、2020年12月に株式上場へ
2018年3月期の決算が増収になっているのは、過去1年間のM&Aの結果、連結対象に加わった子会社の売上高がそのままオンになっているからです。一方、減益の最大の要因は、米です。29年産は、原料が高騰したにもかかわらず、価格転嫁できなかった上、調達もかなり困難でした。

・〈インタビュー ビジョンバイオ(株)社長 塚脇博夫氏〉「異物検査技能検定」セミナー満員御礼、新キット開発に注力

・スズモフェア2018東京
・TOPICS
・米穀関連業界上場各社の2018年3月期決算
・ルポ・日本最大の中古農機市場「アライオートオークション」
・特別寄稿 米穀流通評論家 厚村栄「行動経済学から見える米穀」
・コメトーーク8 水田フル活用(2)
・稲 徒然なるままに 米 第31回「早寝早起き朝ごはん」を実践しよう
・ライスネットの相場展望/ライスネットワーク・イン・ジャパン187 福島・関東コシVSこまち・ひとめ 大事に使って余った裾そ物
・元気な米屋  静岡県三島市・(有)川井米店 新商品の「糀納豆」がマックスバリュ店頭に ギフトの「三詩米」「五ツ星米」、三島ブランド「三島ゆうすいだんご」が好評
・米売れ筋POSランキング2018年4月 (株)KSP- SP 金額・数量とも3か月連続の前月比増 「高米価」に馴らされた残需要、今後も継続するか要注目

〈資料〉
・資料米取引業者の景況判断DI(米穀機構)
・事前契約数量と相対価格・契約数量の推移(農水省)
・相対取引価格と相対契約数量(農水省)
・産地別集荷・契約・販売状況(農水省)
・民間在庫の推移(農水省)
・産地別民間在庫の内訳(農水省)
・米の家計調査、小売物価統計(総務省)
・米の消費動向調査結果(米穀機構)
・大阪堂島商品取引所コメ先物相場実績
・5月のBBN米価


バックナンバーの見出しを見る

TOPへ

各出版物のご案内へ

食品産業新聞社

〒110-0015 
東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル8階

TEL:03-6231-6091(代表) FAX:03-5830-1570

ページ
上部へ
ページ
下部へ

Copyright c Shokuhin Sangyo Shimbunsha Co., Ltd All rights reserved.