カゴメは「野菜生活100 Smoothie」の新CMを3月20日から放映しているが、その前日の19日、都内でCMに出演している俳優の山崎健人さんがCMと同じスムージーバーのマスター姿で登場した。お腹の空いた働く女性にさわやかな笑顔で「スムージーでヘルシースナッキング」を薦めている。

スムージーについて、カゴメの小林寛久常務執行役員マーケティング部長が説明。「当社12月期決算は好調だったが、スムージーが牽引した。野菜生活100は330mlが小腹満たしの需要を掴み、前年比5倍の94億円の売り上げ。GREENSスムージーもエリア拡大で9億円となった。この結果、カゴメはスムージーのトップブランドに成長した」と述べた。

山崎さんは「Smoothieは飲み物だけど、お腹にたまってくる。新しい食習慣としてヘルシースナッキングを実践してください」と会場で訴えた。

なお、Smoothie のヘルシースナッキングを体験してもらうため、スムージートラックがこの日発表会場となった東京ミッドタウン、21日は大阪のヨドバシ梅田、24日はJR名古屋駅に出張した。多忙な山崎さんに代わって、山崎さんの等身大フィギアがマスター役を務めた。

〈食品産業新聞 2018年3月29日付より〉

【関連記事】
カゴメ17年12月期決算 売上・営業利益とも過去最高 「野菜生活」と「GREENS」のスムージーが牽引
カゴメ「野菜生活100」CMに山﨑賢人さん 放映に合わせ幼児対象に大規模サンプリング
日清オイリオ春のプレゼン会 オリーブ油「BOSCO」でカゴメ・ピエトロとの共同提案を企画
カゴメ トマトジュース10品「機能性」追加で展開