キッコーマン飲料は、「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」「同 食塩無添加野菜ジュース」を機能性表示食品として今月中旬から全国発売する。

2つの商品のラベルに「血圧が高めの方に」と表記する。それぞれトマト由来、野菜由来のGABAをコップ1杯(200ml)あたり40mg含んでいる。届出表示は「本品にはGABAが含まれます。GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています」。

「食塩無添加トマトジュース」は1978年発売で完熟トマトを1本に14個分使用。完熟トマトの香りや味わいを引き出し、甘く濃厚な味わいが特徴。「食塩無添加野菜ジュース」は、83年に発売で緑黄色野菜を中心に、旬に収穫した21種類の野菜を使用した野菜ジュース。コップ1杯(200ml)に120g分以上の緑黄色野菜を使用。濃厚で、果肉感があるのが特徴。いずれも900gペットボトル、330円。

〈食品産業新聞 2018年5月10日付より〉

【関連記事】
・〈インタビュー〉キッコーマン・堀切功章社長 次の100周年目指し常に挑戦の姿勢
・キッコーマンの醤油卓上びん、「立体商標」に登録
・カゴメ トマトジュース10品「機能性」追加で展開
・機能性表示食品「おいしい腸活 流々茶」が好発進/サントリー食品
・〈第47回食品産業技術功労賞〉日本製粉「ニップンセラミド」シリーズ 機能性素材としての供給のほか、自社商品にも注力