〈「い・ろ・は・す」初、無糖のフレーバーウォーター/コカ・コーラシステム〉
生活者の無糖ニーズの高まりを受け、「い・ろ・は・す」ブランド初となる無糖のフレーバーウォーターが登場する。“ありそうでなかった”新提案だ。

コカ・コーラシステムは、「い・ろ・は・す」ブランドから、日本の天然水に、れもん果汁をひと搾りした無糖フレーバーウォーター「い・ろ・は・す 天然水にれもん」(555mlPET/120円税抜)を4月15日から全国で発売する。甘くなく、れもんがほのかに香る味わいが特徴。素材にこだわり、瀬戸内産れもんエキスを使用している。

同社は、定性・定量調査を重ねた結果、“健康を考えて水はたくさん飲みたい”“ただの水では物足りない”“後味がすっきりしたものがほしい”という生活者の潜在ニーズがあったことから、無糖フレーバーウォーターの導入を決定したという。
日本コカ・コーラ「ウォーターカテゴリーの市場トレンド」「ウォーターカテゴリー市場構成比」

日本コカ・コーラ「ウォーターカテゴリーの市場トレンド」「ウォーターカテゴリー市場構成比」

れもんに決めたのは、生活者の水の飲み方として水にれもんを入れただけのシンプルな「れもん水」が、カフェなどで馴染みがあることに着目した。「れもん」を平仮名にしているのは、「い・ろ・は・す」という和ブランドに合わせたためという。
 
日本コカ・コーラ社マーケティング本部ウォーターグループの富重豪グループマネージャーは、「ここ数年で生活者のニーズは大きく変化し、飲料は無糖のものが選ばれるようになってきた。一方、甘いタイプのフレーバーウォーターの昨年実績は減少している。昨年、炭酸水が爆発的に(売り上げが)伸びたのも、甘いものから甘くないものへのシフトが起きているためだろう。新商品の“い・ろ・は・す 天然水にれもん”は、天然水の良さはそのままに、後味すっきりで天然水の物足りなさを解決したもの。無糖フレーバーウォーターという新セグメントを創造していく」と話した。
 
ターゲットは、現行のフレーバーウォーターとは全く異なり、天然水や無糖炭酸水の飲用者層の獲得を図る考えだ。

4月16日から放映する「い・ろ・は・す 天然水にれもん」新CM「すっきりはこっち」篇には土屋太鳳さんを起用

4月16日から放映する「い・ろ・は・す 天然水にれもん」新CM「すっきりはこっち」篇には土屋太鳳さんを起用

ポッカサッポロは「やさしく、しみこむ みずとレモン」〉
なお、他メーカーからも無糖のフレーバーウォーターが続々と発売されている。いずれもレモンを使用していることが特徴だ。
 
ポッカサッポロフード&ビバレッジは、香料、着色料、保存料無添加と無糖というシンプルな商品設計にこだわった果汁入りウォーター「やさしく、しみこむ みずとレモン」(500mlPET/105円税抜)を3月4日から全国発売している。同社は、レモン飲料の商品開発と原料調達などに強みを持つことから、「レモン」で新たな提案ができないかを検討し、開発に至ったという。同商品は、レモンの皮から抽出した「スイートレモンピールエキス」を使用することで、レモンだけのほのかな酸味を感じられる設計にした。

ポッカサッポロ「やさしく、しみこむ みずとレモン」

ポッカサッポロ「やさしく、しみこむ みずとレモン」

〈伊藤園は「自然派Water 輪切りレモン×水出しミント」〉
伊藤園は、水よりもスッキリ飲める無添加のフレーバーウォーターとして、「自然派Water 輪切りレモン×水出しミント」(500mlPET/130円税抜)を4月15日から発売する。天然水、輪切りレモンと水出しミントを使用し、爽やかな香りと甘くないスッキリとした後味に仕上げたフレーバーウォーター。香料・保存料・人工甘味料などの添加物を使用していないため、素材そのものの味わいを好む“自然派”の方におすすめという。同社は、「ストレス社会を生きる忙しい女性に“ココロもカラダもポジティブになってもらいたい”という想いから、心地よい味わいのフレーバーウォーターをつくりました」としている。

伊藤園「自然派Water 輪切りレモン×水出しミント」

伊藤園「自然派Water 輪切りレモン×水出しミント」