サントリー食品インターナショナルは、ハリウッド俳優トミー・リー・ジョーンズさんが出演するサントリーコーヒー「BOSS」のTV-CM「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」特別編として、4月30日、“平成最後のCM枠”で「宇宙人ジョーンズ・平成特別」篇(120秒)を放映する。

「報道ステーション拡大スペシャル」(21時54分~)の放送中、テレビ朝日系列24局ネットで放映するもの。CM「地球調査シリーズ」では、とある惑星からやってきた宇宙人ジョーンズが、トミー・リー・ジョーンズさんそっくりの地球人になりすまし、さまざまな職業を転々としながら、未知なる惑星・地球を調査する。2006(平成18)年4月の第1弾放映以来、13年間で制作した作品数は68本。
サントリーコーヒー「BOSS」CM「宇宙人ジョーンズ・平成特別」篇

今回、平成から令和へ、時代の節目を迎えるにあたり、“働く人の相棒”「BOSS」から、“目の前の仕事をひたむきに頑張ってきた皆さん”に、「お疲れさまでした」の思いを込めて一夜限りのスペシャルCMを制作した。
 
“この惑星で働く人たち”の動向を、ときにシニカルに、ときに温かく見守り続けてきた宇宙人ジョーンズ。今回のCMは、これまで自身が就いてきたさまざまな職業の思い出や名場面を振り返りながら、独自の視点で平成という時代を回想する。カラオケボックスの店員に扮して、憂さ晴らしをする人々を淡々と接客する一方で、八代亜紀さんの歌声に号泣した「カラオケ」篇(2006年)をはじめ、「地上の星」篇(トンネル工事現場の作業員、2008年)、「駅員」篇(鉄道の駅員、2011年)、「大相撲」篇(相撲の行司、2013年)の4作品を中心に構成した。
 

サントリーコーヒー「BOSS」CM「宇宙人ジョーンズ・平成特別」篇

また、今回のCMにはスペシャルゲストとして、2014年の「テレビ局」篇から共演しているタモリさんも登場。新時代「令和」を迎える地球調査にますます意欲を燃やすジョーンズに対して、タモリさんらしいユーモアを交えた愛情のある言葉でエールを送る。

サントリーコーヒー「BOSS」CM「宇宙人ジョーンズ・平成特別」篇