日本初の乳酸菌飲料「カルピス」は1919年7月7日に発売され、今年で100周年。販売元のアサヒ飲料では「ピースはここにある。」という100周年ブランドスローガンを掲げ、飲料のみならず他社とのコラボによる商品や、CM・イベントなどのコミュニケーションを活発化している。

「カルピスウォーター」「カルピスソーダ」500mlPETなどの基幹商品では、6月11日から夏限定の100周年スペシャルパッケージを発売。人気のイラストレーター3人(かとうれいさん、Pomodorosaさん、米山舞さん)が、夏に家族や友達・恋人と一緒過ごす、かけがえのないひとときの風景を描き下ろしたデザインで、「ピースはここにある。」を訴求する。

6月25日には、パウチ入りの「ぷるちゅる『カルピスゼリー』」180gを発売。「カルピス」ならではの甘ずっぱいおいしさがぷるぷるの食感とともに楽しめるゼリー飲料で、人工甘味料・保存料不使用に加え、牛乳由来のミルクオリゴ糖を配合し素材にこだわった中身設計。おでかけ時の子どものおやつ向けなどに訴求する。

同日、アサヒビールからは濃い味わいの「カルピス」を楽しめるお酒「『カルピスサワー』期間限定濃い贅沢」(缶350ml、アルコール5%)を発売。通常の「カルピスサワー」に比べ原材料を贅沢に使用し、濃厚でしっかりとした味わいに仕上げた。

アサヒグループ食品からは6月17日、「カルピスキャンディ とろ~りトロピカル」を発売。「カルピス」味のハードタイプのキャンディに、トロピカルフルーツピューレを使用したペーストを入れた、1粒で2つの味わいが楽しめるキャンディ。フルーツペーストはすっきり爽やかなパイン味とマンゴー味の2種アソート。

また、山崎製パンから例年夏季限定で展開している爽やかな風味の「カルピスシリーズ」では今年、シュークリーム、ロールケーキ、蒸しパン、蒸しパン(メロン)、クリームパン、リングドーナツを発売。こちらも「カルピス100周年」記念ロゴを配したパッケージで展開している。
山崎製パンとコラボで展開する「カルピスシリーズ」6品

山崎製パンとコラボで展開する「カルピスシリーズ」6品

イベントでは「人を想う記念日ACTION!」を始動、今年2~5月にかけ、栓をひねると「カルピス」が出てくる“「カルピス」じゃぐち”を全国9都市で展開して話題になった。
 
7月4~14日には「カルピス100th 七夕に会おう展」と題し、東京都千代田区の3331 Arts Chiyodaで展覧会を開催する。約1万個の水玉(ドット)でつくられた天の川を、大切な人同士が出会うことによって光り輝かせることができるインタラクティブイルミネーション「dot river(ドットリバー)」などのコンテンツに加え、人気のコッペパン屋“COPAINS de 3331(コパン ドゥ 3331)”と「カルピス」がコラボレーションした「カルピス カフェ」で、「カルピス」のクリームと3種のベリーを使った「天の川コッペパン」などのフードメニューや、【「カルピス」+糀甘酒ブレンド】などのオリジナルドリンクを楽しめる。

「カルピス カフェ」で提供するコッペパン(「天の川コッペパン」は右上)

「カルピス カフェ」で提供するコッペパン(「天の川コッペパン」は右上)

〈シリーズCMやWEBアニメも〉
CMでは、永野芽郁さんらを起用し、人を想う記念日をモチーフにした『カルピス』ブランド100周年TV-CMシリーズを2月から展開している。「宣言」編、「卒業」編、「こどもの日」編に続く第4弾「七夕」編は6月26日から放映を開始、「会いたい、を叶える七夕にしよう。」というメッセージを伝える。
 
さらに、WEBではクラスメイトとともに天の川づくりに挑む少女たちの青春ストーリーを描く新感覚ミュージックビデオアニメーション「タナバタノオト」を展開。全5話の音楽は、それぞれ「私立恵比寿中学」「まるりとりゅうが」「おいしくるメロンパン」「コバソロ&春茶」、そして「『タナバタノオト』高校生バンド募集」で選ばれた「Toy cleanse」(トイクレンズ)の5組が担当し、そのMVによって物語が紡がれる “プレイリストアニメ”。アサヒ飲料公式You tubeチャンネルで既に第1話と第2話は公開し、7月2日に第3話、7月5日に第4話と第5話を公開する。

永野芽郁さん主演CM(上)、WEBアニメ「タナバタノオト」(下)

永野芽郁さん主演CM「七夕」編(上)、WEBアニメ「タナバタノオト」(下)