スターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルは6月22日、スターバックスのチルドカップシリーズから「スターバックス ほうじ茶ティーラテ」を、全国のコンビニエンスストア(一部店舗を除く)にて期間限定で発売する。

「スターバックス ほうじ茶ティーラテ」は、香り豊かなほうじ茶にミルクを合わせ、やさしくすっきりとしたティーラテに仕上げているという。リラックスしたひとときに気持ちが華やぐティー体験を提案する。パッケージは、立ち昇るほうじ茶の香りと爽やかな初夏の訪れを、色鮮やかなイラストで表現している。内容量200ml、希望小売価格216円(税込)。

【同日発売】「スターバックス CAFE FAVORITES ブラック無糖・カフェラテ」(セブン&アイグループ限定)

スタバのチルドカップシリーズは、2005年の発売以降、チルドカップコーヒー市場で高付加価値の商品群「プレミアムカテゴリー」を新たに創出し、好評を得ているという。「きょうは、どこをスターバックスにする?」のブランドメッセージのもと、1日のはじまりや気持ちを整えたいとき、仕事や勉強に集中したいとき、気分を切り替えたいときやほっと一息つきたいときなど。場所や時間を選ばずに、“何気ない日々をもっと楽しく、心あたたまるひととき”を提供している。今回の「スターバックス ほうじ茶ティーラテ」発売によって、新たなユーザーを獲得するとともに、チルドカップ市場におけるポジションをより強固なものにしていく意向だ。

なお、スターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルは、「スターバックス ほうじ茶ティーラテ」発売と同日の6月22日、日本ではスターバックスブランド初となるペットボトル入りコーヒー飲料「スターバックス CAFE FAVORITES ブラック無糖」と「スターバックス CAFE FAVORITES カフェラテ」を、セブン&アイグループ限定で発売する。