コカ・コーラ ボトラーズジャパンは2022年5月1日出荷分から、大型ペットボトル製品の出荷価格改定を実施する。2月8日に発表した。

【関連記事】「クリスタルガイザー」価格改定、500ml・700mlで値上げ、4月1日から/大塚食品

対象は「コカ・コーラ」「ファンタ」「アクエリアス」「綾鷹」など、1.5L、2Lの大型ペットボトル製品の16品。量販店とオンラインチャネルを対象とする。出荷価格改定率はプラス約5~8%。同社の大型ペットボトルの値上げは2019年4月以来の約3年ぶり。 

今回、同社は希望小売価格ではなく、卸値である出荷価格を改定している。これは、対象商品を一律に値上げするのではなく、スーパーやドラッグストアなど卸値に近い低価格で販売するチャネルでの価格を引き上げるねらいがあるとみられる。

コカ・コーラボトラーズジャパンによると、新型コロナウイルス感染症拡大からの社会経済活動の再開などの影響により、世界的に原材料価格が高騰しており、この傾向は今後もさらに続くことが想定される。

同社は原材料価格高騰や物流費によるコスト増加の影響を吸収すべく、事業活動全体において製造・オペレーションの効率化や経費の削減に最大限努めてきたが、昨今の厳しい市場環境下において、自助努力のみによるコスト増加の影響を吸収し続けることが困難な状況となり、今回の価格改定に至った。

大容量のみで価格改定する理由は「小型サイズパッケージに比べて原材料費、物流費の影響が大きいため」。

同社は「今後もみなさまのニーズにお応えしていくため、高い品質基準を維持し安全安心な製品とサービスを提供し続けるよう努めてまいります」などとしている。
コカ・コーラボトラーズジャパン 出荷価格改定対象一覧(2022年5月1日出荷分から)

コカ・コーラボトラーズジャパン 出荷価格改定対象一覧(2022年5月1日出荷分から)