アサヒ飲料は5月26日、発酵がもたらすフルーティーな香りと爽やかな酸味が特徴の「KOMBUCHA(コン・ブチャ)」(450mlPET/税別150円)を全国のファミリーマート限定で、数量限定発売した。

“KOMBUCHA(コンブチャ)”とは、アサヒ飲料によると、近年、海外で注目されているという紅茶に砂糖を加え、酵母と酢酸菌で発酵させた発酵飲料。特に、健康志向の若年層に支持され拡大し続けており、2020年に世界で2000億円規模になると予測されているとしている。

今回発売される「KOMBUCHA(コン・ブチャ)」450mlは、KOMBUCHAエキスと発酵果汁を使用した香料無添加の55%混合果汁入り炭酸飲料。レモンとりんごの混合果汁に、KOMBUCHAエキスとりんごとマンゴーを発酵させた発酵果汁を加え、微炭酸に仕上げている。

※KOMBUCHAエキス=KOMBUCHA(紅茶に砂糖を加え、酵母と酢酸菌で発酵させた発酵ドリンク)をエキス化した原料。

アサヒ飲料は、「香料を一切使用せず、発酵素材を使用することで、発酵から生まれる豊かな味わいとフルーティーな香りが楽しめます。仕事の間のリフレッシュシーンや手軽にヘルシーな気分になりたい時にぴったりです」としている。