ファミリーマートは、牛肉の旨味と柔らかさを追求した「牛丼」(税別399円)を関西地域限定で展開する。「ファミマの自信作。」をキャッチコピーに、7月14日から大阪府の店舗(2020年6月30日現在=1364店)で先行発売し、7月28日から滋賀県・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県の店舗(2020年6月30日現在=合計1282店)でも順次発売する。

地域密着の取り組みの一環で販売を展開するもの。肉は旨味が溶けださないように温度調整した牛肉を、加工工場で切り出し、すぐに使用する。切りたての牛肉は、専用の新設備で焼成することで、ふっくら柔らかく、旨味を引き出す。そして、牛肉と玉ねぎ、つゆを1杯分ずつ、ひと鍋で丁寧に調理することで、柔らかな肉を崩さずに、つゆにも肉の旨味が溶け込むという。

なお、ファミリーマートの地域密着の取り組みでは、「牛丼」の大阪先行発売と同日の7月14日から、東北地方と新潟県限定で夏の涼麺「ざる中華」(税別306円)も発売する。

・〈関連記事〉ファミマ 夏の涼麺「ざる中華」つるり・もちもち両立の三層麺、260gの食べ応え、東北・新潟限定発売
https://www.ssnp.co.jp/news/distribution/2020/07/2020-0713-1058-15.html