コンビニ各社は2月14日のバレンタインデーに先立ち、チョコレート商品やチョコスイーツ・パンなどを発売している。2021年は新型コロナウイルスの影響もあり、デパートやショッピングモール内の専門店に足を運ぶことを自粛する人もいるだろう。気軽に購入できる商品が求められる中、セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソンの大手3社でもバレンタイン商品を展開。「ゴディバ」「ケンズカフェ東京」といった有名専門店が監修したチョコレートやスイーツを、近くのコンビニで入手できることなどを訴求している。

セブン-イレブン・ジャパンは1月31日から、チョコレートの祭典「SEVENS Chocolate Wonderland(セブンズ チョコレート ワンダーランド)」を開催し、有名店監修のチョコスイーツをそろえている。

「GODIVA(ゴディバ)」「グテbyセバスチャン・ブイエ」「テオブロマコレクション」「Dari K(ダリケー)」「銀のぶどう」「ミッシェル・ブラン」「ホテルオークラ」「モロゾフ」「メリーチョコレート」など、圧巻のラインナップだ。

その中の1商品、グテbyセバスチャン・ブイエ「フリュイショコラ」(税込1080円)は、フランスのパティシエ、セバスチャン・ブイエ氏が監修したショコラ。フルーツの輪切りを表現した、見た目にも味にも果実を感じられる仕上がり。ストロベリー・オレンジ・スイカ・キウイ・レモン・アップルの6種類をセットにしている。

〈関連記事〉セブンイレブン2021年バレンタインチョコ展開、ゴディバ・モロゾフ・グテ・ダリケー・銀のぶどうなど専門店の味をコンビニで
セブンイレブン グテbyセバスチャン・ブイエ「フリュイショコラ」

セブンイレブン グテbyセバスチャン・ブイエ「フリュイショコラ」

ファミリーマートは1月26日から、“Bean to Bar(ビーントゥバー)”シリーズ第2弾を発売。ケンズカフェ東京の氏家健治シェフ監修のもと開発した“本気のチョコレート”「エクアドル・スペシャル」を使用したスイーツ。
 
新商品として「ふんわり濃厚ガトーショコラ」と「ザッハトルテ」を発売したほか、第1弾で登場した「濃厚ショコラエクレール」「ガトーショコラ」「チョコがけバウムクーヘン」を再販売している。
 
中でも、復活する「濃厚ショコラエクレール」(税込178円)は、ファミマのデザート週間売上ランキングで1位を獲得した人気商品。クリームにチョコレートを使用した、ワンハンドで楽しめるエクレア。コーティングチョコのカカオ感をアップさせ、濃厚な味わいに仕上げたという。
 
〈関連記事〉ファミマ「ザッハトルテ」「ふんわり濃厚ガトーショコラ」などチョコスイーツ5品展開、ケンズカフェ東京・氏家シェフ監修“本気のチョコレート”

ファミリーマート「濃厚ショコラエクレール」

ファミリーマート「濃厚ショコラエクレール」

ローソンは2月2日から、「ゴディバ」監修の「ビーフカレーパン」などパン・スイーツ4品を、全国のローソン店舗(ローソンストア100除く)で販売している。
 
「GODIVA × LAWSON BAKERY ビーフカレーパン」(税込280円)は、GODIVA初となる“カレーパン”。カレーは牛ひき肉とビーフエキスで旨味を出し、隠し味にチョコレートを加えて、コク深くマイルドな味に仕上げたという。そのほかにもゴディバ監修商品として、「ショコラパン」「エクレールショコラエトワール」「ショコラドーム ヴァニーユ」を販売している。
 
〈関連記事〉ゴディバ 初のカレーパンがローソン限定で登場、隠し味・パン生地にチョコレート、「ショコラパン」やスイーツも

ローソン「GODIVA × LAWSON BAKERY ビーフカレーパン」ゴディバ初のカレーパン

ローソン「GODIVA × LAWSON BAKERY ビーフカレーパン」ゴディバ初のカレーパン

また、ローソンでは「モアホボクリム -ほぼほぼクリームのシュー ショコラ-」(税込220円)、「ショコアンヌ -ショコラ&あずきテリーヌ-」(税込260円)などの、チョコレートを使用したオリジナル“新感覚スイーツ”も販売している。

ローソン 新感覚スイーツ「モアホボクリム」「ショコアンヌ」

ローソン 新感覚スイーツ「モアホボクリム」「ショコアンヌ」