「ローソンストア100」は3月23日、中華まんの皮だけ「具なしまん」を発売する。

「具なしまん」は、“中華まんの皮だけ”を使った新しい食卓パンで、好みの具材をはさんで楽しめる商品。2個入り税込108円。

【関連記事】ローソンストア100「ウインナー弁当」発売、“おかずがウインナーだけ”で話題の弁当
「ローソンストア100「具なしまん」イメージ

「ローソンストア100「具なしまん」イメージ

ローソンストア100で販売している「豚の角煮」の缶詰をはさんで「角煮まん」にできるほか、同じく缶詰の「焼きとり(ヤンニョム味)」や、ハンバーグ、コロッケ、フライなど、様々な食品をはさんで味わうことができる。
 
また、惣菜のきんぴらごぼうをはさんで和風にアレンジすることや、カット野菜をはさんでヘルシーに仕上げることも可能。あんこやクリーム、フルーツをはさんでスイーツとして楽しむなど、“可能性は無限大”。さらに、「温めるとふんわりとして更に美味しく」なるという。
 
【関連記事】ローソンストア100「ミートボール弁当」発売、話題のウインナー弁当に続く第2弾、“おかずはミートボールだけ”

盛付例「豚の角煮サンド」、ローソンストア100の「豚の角煮」缶詰使用

盛付例「豚の角煮サンド」、ローソンストア100の「豚の角煮」缶詰使用

盛付例、ローソンストア100の「焼きとり(ヤンニョム味)」缶詰使用

盛付例、ローソンストア100の「焼きとり(ヤンニョム味)」缶詰使用

発案者は、「ウインナー弁当」「ミートボール弁当」「のり磯辺揚弁当」といった“だけ弁当”も考案している、ローソンストア100・次世代事業本部統括マネジャーの林弘昭氏。
 

ローソンストア100・次世代事業本部統括マネジャーの林弘昭氏

ローソンストア100・次世代事業本部統括マネジャーの林弘昭氏

“だけ弁当”は、おかずをあえて1種類に絞って“超シンプル”に仕上げた、200円(税込216円)の弁当シリーズ。2021年6月にはおかずがウインナーだけの第1弾「ウインナー弁当」を発売。2021年11月には、ミートボールだけの第2弾「ミートボール弁当」を発売。3月9日には、おかずが“ちくわの磯辺揚げ”だけの第3弾「のり磯辺揚弁当」を発売している。
 
【関連記事】ローソンストア100 税別200円“だけ弁当”「のり磯辺揚弁当」発売、ウインナー・ミートボールに続く第3弾

ローソンストア100“だけ弁当”「ウインナー弁当」「ミートボール弁当」「のり磯辺揚弁当」

ローソンストア100“だけ弁当”「ウインナー弁当」「ミートボール弁当」「のり磯辺揚弁当」

林氏は今回の「具なしまん」開発に関して、「商品開発をしていると、どうしてもあれもこれも盛り込んで、『足し算』の提案をしたくなりますが、私は敢えて『引き算』の提案をしています」「究極のシンプルな商品を提供して、仕上げはお客様ご自身で。組み合わせを自由に楽しんでいただく。実はこれこそが、飽きずに色々な楽しみをご提供できる方法なのではと考えています」とコメントしている。