「ローソンストア100」は6月29日、おかずが“白身フライ”だけで税抜き200円の「白身フライ弁当」を全店舗で発売する。

【第1弾】ローソンストア100「ウインナー弁当」発売、“おかずがウインナーだけ”で話題の弁当

“だけ弁当”は、「好きなものだけを堪能したい」というニーズに応えるため、あえて1種類におかずを絞った超シンプルな弁当シリーズ。2021年6月に登場した第1弾商品である“おかずがウインナーだけの「ウインナー弁当」は、約114万食を販売する人気商品になっている。2021年11月に登場した第2弾「ミートボール弁当」は約55万食、2022年3月に登場した第3弾「のり磯辺揚弁当」は25万食を販売している。

【第3弾】​ローソンストア100 税別200円“だけ弁当”「のり磯辺揚弁当」発売、ウインナー・ミートボールに続く第3弾
ローソンストア100 第1弾「ウインナー弁当」第2弾「ミートボール弁当」第3弾「のり磯辺揚弁当」

ローソンストア100 第1弾「ウインナー弁当」第2弾「ミートボール弁当」第3弾「のり磯辺揚弁当」

今回登場する第4弾「白身フライ弁当」は、第3弾までに引き続き、林弘昭次世代事業本部・統括マネジャーが発案。ごはんの横に、“存在感十分”な白身魚のフライを丸ごと一本のせ、タルタルソースをかけて仕上げた。
 
林氏によると、今回の第4弾に「白身フライ」を選んだ理由は、「肉(ウインナー)・肉(ミートボール)・ちくわと来たので、次は「魚」にしよう」と考えたから。その際「のり弁には必ず入っている“白身魚のフライ”ですが、実は常日頃から不満に思っていることがありました。それは、タルタルソースの量です」「タルタルソース好きな方は自分に限らず多いはずだと思い、やるなら自分の理想の“白身フライ弁当”を作ろう」と考え、“タルタルソースたっぷり”こだわったという。

林弘昭次世代事業本部・統括マネジャー

ローソンストア100「だけ弁当」開発者 林弘昭次世代事業本部・統括マネジャー

白身フライまるごと1本とたっぷりのタルタルソースを入れるため、第1弾から第3弾までとは異なり、ご飯を手前に、おかずを奥にして詰めている。その配置により白身フライをカットせずに提供でき、見た目にもインパクトがある弁当に仕上がっている。
 
ごはんには「ごま塩」を振りかけた。ローソンストア100の弁当は通常、ご飯に「ごま」を振っているが、林氏が「白身フライ弁当」の試作品を食べたとき少しあっさりしていると感じたことから、ごま塩をかけることにしたという。
 
林氏は“林流おすすめの食べ方”として、「タルタルソースはこれでもか!とたっぷりかけていますが、普通のソースをかけるなど自由に味変してアレンジを楽しんでいただければと思います」「シンプルで小ぶりなお弁当ですので、麺類や惣菜、サラダやデザートなど、他のローソンストア100商品と組み合わせて楽しんでいただきたいです」としている。

ローソンストア100「白身フライ弁当」店頭予告メージ

ローソンストア100「白身フライ弁当」店頭予告イメージ

今後の“だけ弁当”について、林氏は「だけ弁当は、いくつも構想があります。ありそうでないもの、世の中にないものを作ろうと思い、日々開発を検討しています」「店にどのくらいの種類が並ぶのが適正かを考えながら、お客様から“こういうのを待ってた!”というお声がいただけるように今後も発売していきます! 」とコメントしている。
 
なお、ローソンストア100では第1弾「ウインナー弁当」発売1周年を記念して、ウインナーを丸ごと1本トッピングした「ウインナーおにぎり」を全国の店舗で発売。「白身フライ弁当」と同じく、6月29日から販売する。税込108円、数量限定。

ローソンストア100「ウインナーおにぎり」店頭予告メージ

ローソンストア100「ウインナーおにぎり」イメージ