ハウス食品は、「ハウス ジャワカレー」が発売50周年を迎えることを記念し、50周年記念ロゴ入りパッケージ品を5月14日から全国で順次発売している。

1968年発売の「ハウス ジャワカレー」は、ローストオニオンの深いコクと高温焙煎したカレーパウダーの豊かな香りを特徴とするスパイシーなカレールウ。ルウカレー販売金額シェアでは、「ハウス バーモントカレー」に次ぐ2位を獲得している。

今回の企画では「ジャワカレー」のルウタイプ全品に、シンボルマークのヤシの木を描き、「ホットな愛情50年」をキャッチコピーとした50周年記念ロゴを加刷する。大人向けのカレーとして、夫婦の食卓に寄り添ってきたブランドであることを表現するため、数字の「50」を“夫婦でつくるハートマーク”で表記。また「ホット」には、〈1〉ホットな辛さ〈2〉ホットな夫婦の愛情〈3〉ほっとする食卓の味――の3つの意味を込めたという。

対象商品は「ハウス ジャワカレー 50周年記念ロゴ入りパッケージ」(甘口・中辛・辛口各185g)、「同キーマカレー中辛」(176g)、「同スパイシーブレンド」(207g)で、いずれも希望小売価格は318円。

〈食品産業新聞 2018年5月24日付より〉

【関連記事】
・〈新春インタビュー2018〉ハウス食品グループ本社代表取締役社長・浦上博史氏 「食で健康」クオリティ企業への変革
・「ハウス とんがりコーン」40周年で“カプリチョーザ”とコラボ、“トマトとニンニクのスパゲティ味”
・「カレー・オブ・ザ・イヤー2018」にハウス食品「きわだちカレー」など〈受賞一覧〉
・カレーなどに適した鳥取県オリジナル水稲新品種「プリンセスかおり」登場