日本メディカル給食協会は8月24日、華学園専門学校(東京)で第13回治療食等献立・調理技術コンテストを開催する。各部門の出場企業は次のとおり。

治療食部門(テーマ:脂質異常症食)は、エム・エム・ピー、ニッコクトラスト、日清医療食品、ハーベスト、LEOC、馬渕商事、メーキュー、日本ゼネラルフード、東住吉マルタマフーズ、南テスティパル――の10社。

一般食部門(テーマ:人手不足を補う省労力化メニュー)は、グリーンハウス、富士産業、メフォス、フジ産業、トモ――の5社。

行事食部門(テーマ:世界を旅するお弁当)は日総、津山商店、シダックスフードサービス、ベネミール、ニチダン――の5社。

〈冷食日報 2018年5月22日付より〉

【関連記事】
・日本メディカル給食協会、会長にメーキューの山本裕康代表
・日本メディカル給食協会・吉田憲史会長(当時)、病棟入院基本料の大幅引き上げ訴える