ウオクニは6月1日、株主総会及び取締役会で野々村充教常務取締役を代表取締役社長に充てるトップ人事を行った。野々村禎之現社長は代表取締役会長に就任する。

本誌の取材に、野々村充教新社長は「食の多様化が進み変化が激しい時代となる中、まずは成長の基軸として社内の標準化を進め、短期間で人材を育成できる仕組みの構築を行う。若さを活かしてスピード感のある経営をしていきたい」と意気込みを語った。

〈冷食日報 2018年6月6日付より〉