日清医療食品は循環器専門病院である榊原記念病院と共同で、『心臓を守る健康レシピ』プロジェクトを2020年2月から開始した。

心臓病予防のための正しい食と栄養、運動の在り方をイベントやWEBページ開設を通じて一般の方に情報発信を行い、生活習慣病予防、健康寿命延伸に貢献している。

コロナ禍が本格的に始まる以前は対面のイベントを開催。第1回イベントでは、心臓疾患を罹患している方やこれから予防する方を対象に、調理実演・試食を通じて心臓病を予防する減塩の重要性を訴えた。

コロナ禍に入ると、子どもや高齢者などターゲット層を決めてWEBページを作成し情報を発信した。心臓病予防の啓蒙活動は他にもあるが、心臓病の基本知識と食・レシピの情報が一緒に、分かりやすくまとまっているサイトはあまりない。

日本では高齢化や生活習慣病の増加により脳卒中と循環器疾患による死亡者が増えている。2019年12月には脳卒中・循環器病対策基本法が施行され、今後、心臓病や脳卒中など循環器疾患に関する教育・予防が、がん同様に強化される見通しだ。

〈食品産業新聞 2021年12月8日付より〉