スターバックス コーヒー ジャパンは、緊急事態宣言の対象として当初指定された7都府県に、新たに6都府県を加えた合計13都道府県の店舗の臨時休業と、その他の地域の店舗においては、営業時間の短縮や、ドライブスルーを含む持ち帰りのみの対応を実施することを4月18日に発表した。休業期間は当面の間としている。

臨時休業の対象店舗エリアは、埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡、北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都。

なお、スターバックス リザーブ ロースタリー 東京、プリンチ 代官山 T-SITE、スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通りも対象となる。

北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都は4月20日から臨時休業を開始する。

その他のエリアは、19時までの短縮営業と、ドライブスルー含む持ち帰りのみで対応する。期間4月20日から当面の間。福井と広島は4月18日から実施している。

同社は、「新型コロナウイルス感染拡大を予防する様々な取り組みがされる中、スターバックス コーヒー ジャパンにおきましては、お客様の安全を第一に考え、また全国の店舗、オフィスで働くパートナー(従業員)が安心して働けるよう、早期より店内サービスのオペレーションや衛生面における対策に日々取り組んでおります。また、政府や自治体からの指針や発表などの最新情報に注視し、店舗ロケーションの状況を鑑みながら、積極的な意思決定を続けていくことにしております。そのため、当面の間、店舗により、お客様にご提供するサービスが異なる場合がございますことをご了承ください」としている。