スターバックス コーヒー ジャパンは9月16日から、タンブラーなど、利用客が店舗に持参した飲料容器でのドリンク提供を再開する。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、利用客と従業員の安全・安心を確保する取り組みの一環として、受け入れを一時休止していたもの。再開に当たって、スターバックスでは利用客が安心できるよう、容器表面のアルコール消毒や、水通しの回数を増やすなど、衛生管理をより一層徹底していくという。

タンブラーなど飲料容器の持参に当たり、スターバックスでは以下の内容について理解と協力を求めている。

・容器は事前に自身で洗浄・除菌などを行った上で持参すること。
※店舗での洗浄の依頼は受け付けない。

・容器は預かり後、表面をアルコール消毒する。
※材質や表面加工によってはアルコール消毒に適さない場合もあるが、アルコール消毒による破損などに関する責任は負えない。

スターバックス コーヒー ジャパンにとって、環境負荷の少ない店舗運営を行い、顧客と共にサステナブルな未来を目指すことは、創業時から重視してきた大切なミッションのひとつだという。同社は、「お客様のお気に入りのタンブラーで特別な一杯をお届けできますよう、私たちはこれからも感染拡大状況を注視しながら、サービスにあたってまいります。お客様のご理解とご協力に感謝申し上げます」としている。