日本マクドナルドは11月25日、GODIVA(ゴディバ)が監修した「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」(Mサイズ税込540円)、「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン」(Mサイズ税込640円)を、全国の“McCafe by Barista”(マックカフェ バイ バリスタ)を併設しているマクドナルド131店舗(11月25日時点)で発売する。販売期間は2021年1月中旬までを予定している。

“McCafe by Barista”とゴディバのコラボレーションは今回が初めて。原材料選定からゴディバと協議し、ゴディバ エグゼクティブ シェフ・ショコラティエ/パティシエのヤニック・シュヴォロー氏監修のもと、チョコレートの味わいや食感など細部にまでこだわり、濃厚なチョコレートの味わいとエスプレッソの香りがマッチするよう仕上げたという。“McCafe by Barista”と“GODIVA”のロゴがハートで囲まれた可愛らしいデザインの特製カップに入れて提供する。

「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ」は、カカオパウダーと焙煎したカカオ豆をすり潰したカカオマスを配合したダークチョコレートソースと、香り高く深みのある味わいのエスプレッソ、ミルクを混ぜ合わせたチョコレートフラッペに、チョコホイップとベルギー産クーベルチュールチョコレートソース(カカオ分の54%がベルギー産チョコレート由来)をトッピングした一品。

「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン」では、さらにその上に、バニラの香り豊かなクリームをサンドした“マカロン バニラ”をトッピングし、見た目にも華やかに仕上げている。

日本マクドナルドは、「ゴディバ チョコレートエスプレッソフラッペ&マカロン」の楽しみ方について、「まずはチョコレートフラッペ部分をお楽しみいただき、トッピングされた“マカロン バニラ”をホイップクリームとチョコレートソースに絡めながら、変化する味わいを楽しんでいただけたらと思います」としている。

監修を行ったゴディバのヤニック・シュヴォローシェフは、「厳選されたコーヒー豆から挽いたエスプレッソを濃厚で薫り豊かなフラッペにチョコレートソースとホイップクリームをトッピングしました。この時期限定の一品をあなたのご褒美にお楽しみください。また、是非マカロン バニラをトッピングにお選びいただき、この一品とマカロン バニラのさらなる広がりをご賞味ください」とコメント。

なお、ゴディバは11月に入り、外食チェーンや食品メーカーとのコラボを複数実施している。

11月10日には、ファミリーレストラン「デニーズ」でコラボデザート「GODIVA チョコレートサンデー」「GODIVA チョコレートミニパルフェ」「GODIVA チョコレートパンケーキ」の3品を発売。

〈関連記事〉ゴディバがファミレスと初コラボ、デニーズにチョコレートサンデー・チョコレートミニパルフェ・チョコレートパンケーキ

11月17日からは、敷島製パンの「Pasco(パスコ)」とコラボレーションした「ショコラブレッド」「テリーヌショコラ」を、関東・中部・関西・中国・四国のコンビニエンスストアで発売。12月1日からはスーパーなどに販売拡大し、12月15日には「ショコラシュトーレン」も発売予定だ。