コメダ珈琲店は2月5日、高級チョコレートブランド「ゴディバ」とコラボレーションしたスイーツ「クロネージュ リッチショコラ」を全国の店舗(一部除く)で発売する。数量限定のため無くなり次第終了。価格は650円~670円で、店舗によって異なる。

〈関連記事〉コメダ珈琲店「クロネージュ」“好評につき”全国発売、あったかバウムクーヘン×なめらかソフトクリームの新デザート

「ゴディバ」とのコラボレーションは、2020年に期間限定販売した「ショコラノワール」に続き2回目。監修は、ゴディバ エグゼクティブシェフ・ショコラティエ/パティシエのヤニック・シュヴォロー氏。

今回の「クロネージュ リッチショコラ」は、ベルギー産カカオを使ったチョコレートバウムクーヘンにチョコレートソースをかけ、バニラソフトクリームをのせ、チップチョコとアーモンドプラリネをトッピングしている。フォークを入れると中から“甘酸っぱい秘密”がとろりとあふれ出す。“甘酸っぱい秘密”が何であるかは、食べてのお楽しみだという。

なお、「クロネージュ」は、シロノワールに続く大型ルーキーとして、2020年4月に登場したコメダの新デザート。ココアバウムクーヘンの上にソフトクリームが載っていることから、クロ=黒(ココアの色合い)とフランス語で“雪”を意味する“ネージュ”と組み合わせ、「クロネージュ」と名付けたという。コメダの定番メニュー「シロノワール」と同様に、温かいバウムクーヘンと冷たいソフトクリームの“温”と“冷”の相反する2つの組み合わせという意味も込められている。