スシロー・くら寿司・はま寿司・かっぱ寿司など回転寿司チェーン各社では、2021年恵方巻の予約販売を展開している。

スシローは、12種類の具材が入った「特上海鮮太巻」(580円、以下税別)、7種の具材が入った「上太巻」(380円)、ごま油風味の「キンパ太巻」(380円)、子どもも食べやすい3本がセットになった「小巻セット」(350円)の4種類を販売する(一部店舗では品目が異なる)。長さは「特上海鮮太巻」「小巻セット」が約9.5cm、「上太巻」「キンパ太巻」が約19cm。予約は店頭・電話・ネット注文で受付けている。予定数に達し次第終了。販売期間は2月1日と2月2日で、2月1日は事前予約のみ受け渡し。

〈関連記事〉スシローの恵方巻2021予約販売、12種の具材入り「特上海鮮太巻」、子どもも食べやすい「小巻セット」、上太巻・キンパ太巻も
スシローの2021年恵方巻

スシローの2021年恵方巻

 
くら寿司では、疫病退散にご利益があると言われる妖怪“アマビエ”をデザインした特製フィルムに入った「アマビエさん巻」(350円、以下税別)、いわしの塩焼きに大葉・梅肉を加えた「まるごといわし巻」(350円)、「七福巻」(230円)など計7種類を展開。「まるかぶり細巻」(100円)以外は、約10cmのハーフサイズで、フィルムが付いており、海苔を後巻きできる仕様。予約は店頭または電話で。商品の引き渡しは、節分当日の2月2日。
 
〈関連記事〉くら寿司「アマビエさん巻」など2021年恵方巻を予約販売、「まるごといわし巻」や穴子やうなぎの「七福巻」も

くら寿司の2021年恵方巻「アマビエさん巻」

くら寿司の2021年恵方巻「アマビエさん巻」

 
ゼンショーグループの「はま寿司」では、「海鮮恵方巻」(390円)と、「特上海鮮恵方巻」(590円)の2品を展開。なお、長野県・山梨県では「特上海鮮恵方巻」のみ販売する。大きさはともに直径約4.5cm、長さ約18cmと、ボリュームたっぷりの大サイズ。販売期間は1月30日から2月2日まで。2月2日以外は事前予約が必要で、店頭のほか、電話・WEBでも注文を受け付けている。
 
〈関連記事〉はま寿司 2021年恵方巻を予約販売、6種具材の「海鮮恵方巻」と9種具材の「特上海鮮恵方巻」

はま寿司の2021年恵方巻

はま寿司の2021年恵方巻

 
コロワイドグループのかっぱ寿司では、イカサラダ(サラダ軍艦のネタ)が入った「特選恵方巻」(390円)、「ローストビーフ恵方巻」(680円)、「11種の鮮極恵方巻」(980円)の3品を販売する。いずれも長さは約18cm。予約は店頭で受け付けており、販売期間は2月1日から2月3日まで。
 
〈関連記事〉かっぱ寿司の恵方巻2021、「ローストビーフ恵方巻」「11種の鮮極恵方巻」と人気のイカサラダ入り「特選恵方巻」予約販売

かっぱ寿司の2021年恵方巻

かっぱ寿司の2021年恵方巻

 
なお、2021年の節分は2月2日で、恵方は南南東。節分が2月2日になるのは、1897年2月2日以来124年ぶりだ。近年では、節分に“恵方を向いて、巻きずしを切らずに無言で食べる”という「恵方巻」の風習は日本で広く知られているが、その起源は諸説あり、正確なところは定かではない。
 
〈関連記事〉2021年節分“2月2日”は124年ぶり、恵方は南南東 ミツカン「すしラボ」で節分と恵方巻の豆知識公開