回転寿司チェーン「はま寿司」は9月16日に「寿司弁当」を発売する。9月30日には「寿司うどん弁当」も販売開始。

9月16日登場の「寿司弁当」は、寿司6貫といなり寿司1個に、おかずが入ったワンコイン“税込500円”の商品。おかずには、「広島県産カキフライ」か「からあげ」を選べる。弁当に入っている寿司は共通で、まぐろ・ほたて・サーモン・真いか・えび・えんがわ・いなり。

「寿司弁当(広島県産カキフライ)」は、カキの名漁場である広島県で獲れたカキフライ2個入り。寿司7個に、厚焼きたまご、キャベツ、ガリをセットにした。

「寿司弁当(から揚げ)」は、店内で揚げた鶏のから揚げ3個入り。寿司7個に、厚焼きたまご、キャベツ、ガリとのセット。
はま寿司「寿司弁当(広島県産カキフライ)」「寿司弁当(から揚げ)」

はま寿司「寿司弁当(広島県産カキフライ)」「寿司弁当(から揚げ)」

9月30日から販売する「寿司うどん弁当」は、寿司と“うどん”をセットにした商品。寿司“5貫”と寿司“6貫”を選べる。
 
「寿司うどん弁当(5貫)」は税込390円。まぐろ・サーモン・真いか・えび・いなりの寿司5貫に、うどん1玉とつゆ、厚焼きたまご、ガリのセット。
 
「寿司うどん弁当(6貫)」は税込500円。まぐろ2貫・ほたて・サーモン・真いか・えびの寿司6貫に、うどん1玉とつゆ、厚焼きたまご、ガリのセット。

はま寿司「寿司うどん弁当(5貫)」「寿司うどん弁当(6貫)」

はま寿司「寿司うどん弁当(5貫)」「寿司うどん弁当(6貫)」

なお、昨今はコロナ禍でテイクアウトの需要が伸長し、「はま寿司」に限らず、うどんを取り扱う多くの外食チェーンで“うどん弁当”が展開されている。
 
「丸亀製麺」は4月から「丸亀うどん弁当」を販売開始し、8月末から新メニュー「秋野菜の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」をラインナップに加えている。「はなまるうどん」では5月から新「はなまるうどん弁当」4種を販売。そしてはま寿司の「寿司弁当」発売と同じ9月16日からは、なか卯の「なか卯のうどん弁当」が登場する。
 
〈関連記事〉「なか卯のうどん弁当」発売、特製かき揚げ・鶏三昧・お子様うどんの3種類、テイクアウトでも

なか卯「特製かき揚げうどん弁当」「鶏三昧うどん弁当」「お子様うどん弁当」発売

なか卯「特製かき揚げうどん弁当」「鶏三昧うどん弁当」「お子様うどん弁当」発売