日本マクドナルドは1月9日から、「マックフライポテト」のМ・Lサイズの販売を一時休止する。

【2021年末の記事】「マックフライポテト」M・Lサイズ一時休売、カナダの大規模水害などで輸入遅延/マクドナルド

対象店舗は全国のマクドナルド約2900店。1月7日に発表したもの。同社は2021年12月24日から30日まで、輸入遅延を理由として「マックフライポテト」の販売をSサイズのみとしていた。M・Lサイズ復活販売の期間はわずか9日間で終了することとなった。

前回の休売発表時には復活販売の開始日時を告知したが、今回の休止期間は“1か月程度をめどに”とした。「当面の在庫を十分に確保すること」「途切れることなくマックフライポテトを提供すること」を目的とする措置だという。

1月9日から販売休止する商品は、「マックフライポテト」М・Lサイズと、“夜マック”限定の「ポテナゲ大」「ポテナゲ特大」。「バリューセット」と「バリューランチ」のサイドメニューを「マックフライポテト」で注文した場合、セット価格から50円引きにして、「マックフライポテト」はSサイズで提供する。これにより、「マックフライポテト」の販売はセットメニューも含めSサイズのみとなる。
マクドナルド「マックフライポテト」販売休止概要

マクドナルド「マックフライポテト」販売休止概要

 
日本マクドナルドが北米から輸入しているポテトは、船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊での大規模な水害や、コロナ禍での世界的な物流網への混乱の影響による輸入遅延が発生しているという。バンクーバーにおける貨物の滞留や雪の影響による混乱、航路上での悪天候など不測の事態が重なり、1月上旬から中旬にかけて予定していた船便の到着にさらなる遅れが生じているという。
 
日本マクドナルドは現在、新たな流通経路の手配など、今後のポテト安定供給に向け、様々な対応を進めているという。