ビーケージャパンホールディングスは1月25日午前10時、同社が展開するハンバーガーチェーン「バーガーキング」の四国1号店「バーガーキング イオンタウン宇多津店」をグランドオープンする。

【関連記事】バーガーキング“バタコロ”発売、バターコロッケのハンバーガー「ギルティ バタコロ サンド」“芳醇な香りとリッチなおいしさ”

香川県綾歌郡宇多津町浜二番丁16、イオンタウン宇多津1階。営業時間は10時~21時、ラストオーダー20時30分。混雑回避のため、2月10日まではメニューを限定しての営業を予定している。「バーガーキング」は2021年12月に東北1号店「アリオ仙台泉店」(宮城県仙台市)をオープンしており、東北進出に続く四国進出と、出店エリアを立て続けに拡大している。

【関連記事】バーガーキング東北進出! アリオ仙台泉店オープン、新規出店も計画

ビーケージャパンホールディングスによると、これまでにもSNSなどで「四国にもお店を作ってほしい」という要望を多く受けており、今回は念願の四国上陸となる。

四国1号店を出店する「イオンタウン宇多津」は、約50の専門店が集まった大型ショッピングモール。電車ではJR予讃線「宇多津駅」徒歩約3分、車では「瀬戸中央自動車道・高松自動車道 坂出IC」から約10分と、アクセスの良い立地だ。

新メニューやお得なキャンペーンなどの発表があるたびに、SNSなどで「近くにお店がない」といわれがちなバーガーキングだが、今回の「イオンタウン宇多津店」オープンで、日本国内の店舗数は合計149店となる。ビーケージャパンホールディングスは四国・中国地方で今後もさらに新規出店を計画しており、「バーガーキングからの続報にもぜひご期待ください」などとしている。

なお、バーガーキングは、1954年にアメリカ・フロリダ州マイアミのハンバーガーレストランとしてオープン。世界で2番目に大きなファーストフードハンバーガーチェーンで、世界100カ国を超える国々で1万8800店舗以上を展開している。日本には1993年に初上陸。2001年に一度は撤退したものの、2007年に日本再上陸を果たした。

ビーケージャパンホールディングスによると、通常のハンバーガーチェーンとバーガーキングとの一番の違いは、100%ビーフパティを鉄板ではなく、直火でじっくり焼いていること。余分な油を落とし、必要な肉汁を閉じ込める直火焼き。“香ばしくジューシーなお肉の味”を楽しむことができるという。看板メニュー「ワッパー」の名称は“とてつもなく大きい”ことを意味し、大きさは「一般的なハンバーガーの約1.4倍」。

人気No.1メニューは「ワッパー チーズ」。肉を使わない定番バーガー「プラントベースワッパー」や、バターをしみこませたバンズを使用した期間限定メニュー「ギルティ バタコロサンド」「ギルティバタービーフバーガー」「ギルティバターチキンバーガー」など、個性的メニューも多数展開している。

【関連記事】肉より旨い!? バーガーキング新定番「プラントベースワッパー」の実力とは
バーガーキング人気No.1メニュー「ワッパー チーズ」

バーガーキング人気No.1メニュー「ワッパー チーズ」