株式会社資さん(すけさん、本社=福岡県北九州市)は、同社が展開する「資さんうどん」全店で、2022年恵方巻の予約受付を開始した。

【関連記事】はま寿司の恵方巻2022、9種類の具材「特上海鮮恵方巻」637円など、“お得な3倍盛”「山盛りカリカリポテト」も節分向けに提案

1本税込500円、ハーフ税込260円。店頭配布の予約票のほか、各店舗あての電話予約も受け付ける。

「資さんうどん」の恵方巻(味巻寿司)は、こだわりの出汁を使用し甘めに味付けした玉子焼、コクのある甘い味付けの椎茸、かんぴょうなどに加え、味のアクセントとして大葉を入れた。甘い具材の中に爽やかな大葉の風味が際立つ、「こだわりの逸品」。具材との調和を追求し、調合したすし酢を混ぜた酢飯がおいしさを引き立てるという。

【関連記事】焼肉“平城苑”の恵方巻2022、「和牛焼肉恵方巻」「豪華和牛サーロイン恵方巻(蟹入り)」予約販売開始
資さんうどん 2022年恵方巻

資さんうどん 2022年恵方巻

 
【関連記事】スシローの恵方巻2022予約開始、寒ぶりや鯛など12種のネタ入り「特上海鮮太巻」750円など
 
資さんは「“皆さまにとって、本年が良い年になりますように”との願いを込めながら、各店舗の従業員がひとつひとつ心を込めて各店舗にて手作りしています」などと説明し、ご家庭や職場などで丸かぶりし、「福を呼び込みましょう」と呼びかけている。
 
資さんによると“恵方巻”の起源は諸説あるが、一説には大阪で江戸から明治にかけて、節分のお祝いや商売繁盛を祈ったことがルーツとされ、節分の夜にその年の恵方に向かって願い事をしながら無言で太巻き寿司を丸かぶりすると、その年は幸せに暮らすことができ、さらに願い事も叶うと言われている縁起物だという。2022年の節分は2月3日、恵方は「北北西」。
 
なお、「資さんうどん」は1976年に創業し、北九州市を中心に福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県の6県で58店舗展開している北九州発祥のうどんチェーン店。うどんや丼など100種類以上の豊富なメニューを展開し、子どもから年配まで幅広い層に利用されている。天丼や鍋焼きうどん等、季節毎に展開する限定メニューが1年を通して楽しめ、「とろろ昆布・天かす入れ放題」「きざみつぼ漬け取り放題」も“魅力のひとつ”だという。