回転寿司チェーン「くら寿司」は3月31日、世界最大の回転寿司店舗「くら寿司 スカイツリー押上駅前店」(以下、押上店)をオープンした。新開発のアトラクションを設置したエンターテイメント特化店舗。

回転寿司を世界に発信する“グローバル旗艦店”として、「浅草 ROX店」「道頓堀店」「原宿店」に次ぐ4店舗目。店舗デザインはこれまでのグローバル旗艦店と同様、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が監修した。一皿の価格は家賃を反映し、132円(以下税込)に設定している。

【関連記事】くら寿司“かにフェア”開催、本ズワイガニをリーズナブルに、極みの逸品「極上かに玉手箱」など登場、「名探偵コナン」クリアファイル配布も
「くら寿司 スカイツリー押上駅前店」外観

「くら寿司 スカイツリー押上駅前店」外観

店舗面積は通常店舗の2.4倍にあたる834平方メートルで、世界最大(くら寿司調べ)。席数はくら寿司最多の277席。2階建てで、予約や会計は階ごとに分かれている。「東京スカイツリータウン」の目の前に位置し、窓からはスカイツリーが見える。
 
「押上店」最大の特徴は、新たに開発した合計3台のアトラクション。5皿で1回挑戦できるゲーム「ビッくらポン!」を進化させた「ビッくらポン!DX」は1階と2階に、デジタル射的「ビッくらギョ!」は2階に設置している。
 
【関連記事】“世界一映える寿司屋”くら寿司 原宿店オープン、店内にクレープ屋台、東京タワー&スカイツリー見えるバルコニーも

1階には壁面一面を使った「ビッくらポン!DX」を設置(くら寿司 スカイツリー押上駅前店)

1階には壁面一面を使った「ビッくらポン!DX」を設置(くら寿司 スカイツリー押上駅前店)

アトラクションで遊ぶには、5皿で挑戦できるゲーム「ビッくらポン!」で当たりを引く必要がある。当たりが出て、座席のタッチパネルに表示されたQRコードを利用客のスマートフォンで読み込むと、体験用QRコードとアトラクションの説明が表示される。会計後に、各ゲームの読み取り機にQRコードをスキャンして、アトラクションで遊ぶという流れ。なお、2階のアトラクションは自動で選定されるため、選ぶことはできない。
 
1階と2階にある「ビッくらポン!DX(デラックス)」は、デジタル化した巨大ピンボールマシンのようなアトラクション。1階は、壁一面を使ったリアルとデジタルが融合した仕掛け、2階はスクリーンによるフルデジタルの仕掛け。いずれも景品が最低1個、大当たりが出ると2個もらえる。
 
2階にあるデジタル射的「ビッくらギョ!」は、魚を捕まえるシューティングゲーム。50種類にものぼる魚のうち、レアな魚を捕まえることで高得点が狙えるという。景品は、獲得した得点によって1~3個もらえる。
 
【関連記事】くら寿司グローバル旗艦店「道頓堀店」オープン、“浪速の祭り”コンセプト、席は半個室、フォトスポットの提灯ウォールや浮世絵も

2階にはデジタルスクリーンの「ビッくらポン!DX」を設置(くら寿司 スカイツリー押上駅前店)

2階にはデジタルスクリーンの「ビッくらポン!DX」を設置(くら寿司 スカイツリー押上駅前店)

〈押上店限定スイーツ「sorairo ソフト」も〉
「押上店」限定のスイーツとして、青空をイメージした生乳60%のソフトクリーム「sorairo ソフト」「sorairo ミックス ソフト」(各380円)を展開。クチナシを使った天然色素を使っている。

押上店限定「sorairo ミックス ソフト」「sorairo ソフト」(くら寿司)

押上店限定「sorairo ミックス ソフト」「sorairo ソフト」(くら寿司)

ほかにも、「押上店」のオープンを記念して3月31日から、グローバル旗艦店限定フェアを開催。「押上店」「浅草ROX店」「道頓堀店」「原宿店」の4店舗で、期間限定メニューを提供している。
 
道頓堀店の1周年を記念した「道頓堀たこ焼きロール」のほか、ロール寿司の「レッドドラゴンロール」「ゴールデンクランチロール」「えびタイガーロール」(各264円、浅草ROX店・道頓堀店では250円)を展開。
 
【関連記事】「くら寿司」浅草ROX店オープン、世界にジャパンカルチャーを発信する“グローバル旗艦店”1号店

グローバル旗艦店限定「道頓堀たこ焼きロール」

グローバル旗艦店限定「道頓堀たこ焼きロール」

グローバル旗艦店限定「レッドドラゴンロール」

グローバル旗艦店限定「レッドドラゴンロール」

オープンに先立ち3月30日には記者発表会を開催。くら寿司の田中信取締役副社長は、押上店オープンを“店内飲食”強化の一環だと説明した。コロナ禍で急拡大したデリバリー市場やテイクアウトなどの店外需要は、競争激化によって伸びしろは限られているという。
 
くら寿司ではコロナ以降、安心して食事ができる店舗を目指し、非接触システムの導入や寿司カバーの改良といった感染対策を進めてきた。今回の押上店は、さらなる店内強化に向けた新戦略として、店内でしか体験できないレジャー性の高いコンテンツを設置した、“店タメ施設(店内×エンタメ)”として打ち出すものだという。
 
【関連記事】くら寿司「津田沼駅前店」オープンで国内500店舗達成、“コロナ禍でも都心部へ”の出店戦略

くら寿司 田中信取締役副社長(スカイツリー押上駅前店)

くら寿司 田中信取締役副社長(スカイツリー押上駅前店)

〈「くら寿司 スカイツリー押上駅前店」概要〉
◆住所
〒131-0045 東京都墨田区 1-8-23 1・2階

◆営業時間
11:00~23:00(ラストオーダー22:30)

◆電話
1 階 03-6658-8170(持帰り注文も受け付ける)
2 階 03-6658-8270(持帰り注文も受け付ける)

◆駐車場
専用駐車場なし

◆座席数
277席(ボックス47席、カウンター33席)

◆平米数
834㎡
 
◆「くら寿司 スカイツリー押上駅前店」特設サイト