モスバーガーを展開するモスフードサービスは4月25日、同社の協力農家が栽培した淡路島産新たまねぎを使ったハンバーガー「淡路島産 たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立て」「淡路島産 たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立てチーズ入り」を、一部店舗を除く関西地域のモスバーガーで発売する。

【関連記事】モスバーガー“筋肉が喜ぶ”たんぱく質21.9g「きんにくにくバーガー」3・4・5月“肉の日”限定販売、新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手が監修

モスバーガーが毎年、地域・期間限定で実施する「淡路島産たまねぎ祭り」によるもの。販売地域は大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、兵庫県。販売期間は5月中旬まで。

「淡路島産たまねぎ祭り」は、淡路島産の新たまねぎを使った商品を販売する企画。2016年に中国・四国地域で初開催し、2017年には兵庫県でも開催。2019年からは関西地域まで対象エリアを広げて展開してきた。

使用する「新たまねぎ」は、モスフードサービスが独自に関係を構築した協力農家で、できるだけ農薬や化学肥料に頼らない方法で栽培したもの。淡路島産のたまねぎの中でも特に甘みが強く、みずみずしくてやわらかいことから、生食にも向くという。

「淡路島産 たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立て」(税込420円)は、淡路島産の生の「新たまねぎ」をふんだんに使ったハンバーガー。グリーンリーフとパティ、輪切りにした新たまねぎに、たまねぎバーガー用ソースをかけ、かつお節をトッピングしている。たまねぎバーガー用のソースは、醤油をベースに、濃縮したクランベリー果汁を加え、爽やかな和風ソースに仕上げたという。

チーズを加えた「淡路島産 たまねぎバーガー 和風しょうゆ仕立てチーズ入り」(税込450円)もあわせて販売する。

なお、モスフードサービスでは3月下旬、3年ぶりに定番商品「テリヤキバーガー」をリニューアルした。味噌と醤油ベースの従来のテリヤキソースに、4つの隠し味「ココアパウダー」「黒すりごま」「米酢」「バルサミコ酢」を加えるなどの改良を実施している。

【関連記事】モスバーガー「テリヤキバーガー」隠し味にココアパウダー・黒すりごま・米酢・バルサミコ酢、「クリームチーズテリヤキバーガー」発売も
モスバーガー「テリヤキバーガー」「クリームチーズテリヤキバーガー」

モスバーガー「テリヤキバーガー」「クリームチーズテリヤキバーガー」