ハンバーガーチェーン「バーガーキング」は看板商品「ワッパー」に合うサイドメニューの提案募集を開始した。

北米の水害やコロナ禍による物流困難により、ハンバーガー各社をはじめ外食チェーンのポテト休売が多発する中、バーガーキングは4月25日、「とうとう我々のところにも、じゃがいも危機が迫ってきました。このままでは、ワッパーの相棒フレンチフライが欠品するかもしれません」などと記した告知を発信。ワッパーに合うサイドメニューを提案できる企業・団体の募集を開始した。Twitterのバーガーキング・ジャパン公式アカウント(@BURGERKINGJAPAN)で、「どうか私たちを助けてください」などと投稿し、リプライで連絡するよう求めている。

【関連記事】バーガーキング四国初上陸! 1号店は香川県「イオンタウン宇多津店」、新規出店は“続報にご期待ください”
バーガーキング「じゃがいも不足によりフレンチフライが欠品するかもしれません」

バーガーキング「じゃがいも不足によりフレンチフライが欠品するかもしれません」

 
【関連記事】バーガーキング東北進出! アリオ仙台泉店オープン、新規出店も計画
 
今回のサイドメニュー募集はあくまでも“企業・団体”を対象とする呼びかけという形だが、投稿画像に“消えかけのポテト”を使用するなど、バーガーキングらしい遊び心ある仕掛けに、多くのTwitterユーザーが反応。「さつまいもスティック」「にんじんソテー」「れんこんチップス」「揚げ餃子」「チョリソー」などの提案や、既存メニューの「オニオンリング」や「チーズバイツ」でいいのでは?といった意見が相次いでリプライされている。「ワッパーもう1個」「ワッパーJr.」というワッパー愛のあふれるリプライも多い。
 
バーガーキングは今回の募集で採用したサイドメニューについて、全国のバーガーキングでセット販売を検討するという。