18日午前7時58分ころ、大阪府北部で最大震度6弱の地震が発生した。冷食各社においても震源地に近い拠点では稼働を止めた工場もあった。震源地から離れた拠点でも交通機関の乱れで従業員が出社できない状況も生じた。冷食関連企業の状況をまとめた。

ニチレイは18日、ニチレイフーズの関西工場(大阪府高槻市)の稼働を取りやめた。すでに出勤していた従業員は帰宅させた。設備等に異常は見られないという。明日以降の稼働について、同社広報では現在確認中としている。高槻市は震源地である大阪北部にあり、震度6弱を記録している。ニチレイフーズ関西第二工場(大阪市此花区梅町)は通常稼動した。ニチレイロジグループ関連の冷蔵倉庫で設備の損傷は特段報告されていないという。

ケイエス冷凍食品の泉佐野工場(大阪府泉佐野市)は通常稼動した。建物・設備に破損はない。交通機関の乱れにより従業員の出社が遅れるなどの影響は出ているという。

味の素冷凍食品の関連会社であるコメックの本社・大阪工場(大阪市大正区平尾)も建物・設備に破損なく、通常稼動した。

イートアンドの関西工場(大阪府枚方市)は一部ラインで不具合が発生したほか、交通の乱れ等による従業員の出社状況もあり午前中は生産を中止したが、午後から通常よりは少ない規模で再開した。キンレイの大阪工場(大阪府岸和田市)は、工場の設備等に影響は出ていないという。キユーピーの伊丹工場(兵庫県伊丹市)も影響は特にないという。

大手卸では、三菱食品、日本アクセス、国分グループ本社とも、18日午後時点で大きな被害は出ていないという。一方、交通の乱れや得意先センターの状況などで、配送面では多少の影響があるようだった。

〈冷食日報 2018年6月19日付より〉

【関連記事】
・大阪北部地震、米麦日報関連では被害軽微
・〈大阪北部地震〉畜産・食肉関連では一部事務所で軽度の被害も目立った影響は認められず