冷凍とろろなど農産物加工品の製造販売会社マルコーフーズは1月、冷凍野菜「手軽に使える おろし生姜(しょうが)」と「手軽に使える 生姜のみじん切り」を全国のスーパーなどで発売した。

マルコーフーズの『手軽に使えるシリーズ』は、解凍するだけでそのまま料理に使うことができる。

「手軽に使える おろし生姜」は、国産生姜をすりおろした後に急速凍結したもの。必要な分だけ解凍し、薬味のほか、惣菜・煮物・スープなどに料理のアクセントとして使うことができる。常温のチューブ入り調味料とは異なり、冷凍することで日持ちするため、添加物や特別な加工が不要となり、生姜本来の風味を楽しめるという。5g×20入り、284円(以下、すべて税別)。

また、「手軽に使える 生姜のみじん切り」は、国産生姜をみじん切りにした後、急速凍結。解凍せず、すぐに使えるため、薬味や料理のちょい足しアレンジに最適だ。100g、298円。

マルコーフーズの『手軽に使えるシリーズ』では、これまでにも「オクラと長芋ミックス」「長芋の乱切り」「長芋のダイスカット」を展開。いずれもジッパー付きの袋に入っているため、調理の際に必要な分だけ解凍して使うことができる。長芋はすべて国産を使っている。

〈関連記事〉長芋と大和芋の使い分けとは? 最適レシピを冷凍とろろメーカーが公開、「とろろパスタ」「ふわふわ大葉揚げ」など/マルコーフーズ
マルコーフーズ「手軽に使える 長芋のダイスカット」「手軽に使える 長芋の乱切り」「手軽に使える オクラと長芋ミックス」

マルコーフーズ「手軽に使える 長芋のダイスカット」「手軽に使える 長芋の乱切り」「手軽に使える オクラと長芋ミックス」

 
「手軽に使える オクラと長芋ミックス」は、スライスしたオクラとダイス状にカットした国産長芋を、急速凍結してミックスした商品。食べやすい大きさにカットしているため、そのままトッピングとして使えるほか、トマトを加えてパスタの具材にしたり、和え物やサラダにしたりと幅広い料理に使うことができる。100g、229円。
 
「手軽に使える 長芋の乱切り」は、国産長芋を乱切り状にカット・急速凍結したもの。サラダに使えるほか、乱切り状にカットしているため、ベーコンやアスパラを加えて炒め物にしたり、フライにしたりとさまざまな使い方が可能。100g、285円。
 
「手軽に使える 長芋のダイスカット」は、国産長芋をサイコロ状にカット・急速凍結している。そのままサラダや和え物に使えるほか、かき揚げにも向く。100g、258円。
 
冷凍野菜の市場は年々拡大している。日本冷凍食品協会によると、冷凍野菜輸入量は平成27年以降、5年連続で上昇。また、同協会の令和2年「“冷凍食品の利用状況”実態調査」では、「1年前に比べ、利用頻度が増えた冷凍食品」を女性に聞いたところ、「冷凍野菜」と回答した人が「ギョウザ」に次いで2番目に多かった。
 
2020年は新型コロナウイルス感染症拡大により、家庭用冷凍食品の需要が一時急増。長期間保存でき、家庭用調理に手軽に使える冷凍野菜は、引き続き需要拡大が見込まれる。
 
マルコーフーズはこれまで、業務用商品を中心に展開してきたが、近年では家庭用商品にも注力し、冷凍野菜『手軽に使えるシリーズ』のほか、冷凍とろろなどを市販している。同社担当者によると「冷凍野菜など家庭用商品の引き合いは増加し、2020年度の売り上げは前年の約1.7倍」だという。小売業からの開発要請も増えており、今後も家庭用商品のラインアップ強化を予定している。
 
◆「マルコーフーズのレシピ集」