アサヒビールは6日、2017年事業方針を発表した。スローガンは「No.1ブランドの育成と構造改革を通じて国内酒類のリーディングカンパニーを目指す!」とした。研究開発や生産技術におけるイノベーション戦略を推進し、新価値創造型の新商品を積極的に投入する。

2016年のビール類年間販売数量は、「クリアアサヒ」ブランドを中心とした新ジャンルが前年比約1割増と牽引し、2年ぶりに前年を上回った。ワイン、RTD、ビールテイスト清涼飲料といった他のカテゴリーも大きく拡大し、国内酒類のリーディングカンパニーに向けての礎を築き、大きく飛躍した1年となった。(続きは本紙で)