アサヒビールとキリンビールは24日から、石川県金沢市に共同配送センターを開設し、関西エリアの工場から鉄道コンテナによる共同輸送を開始する。

これまで、アサヒビールは名古屋工場から、キリンビールは滋賀工場と名古屋工場から200~300㎞の配送距離を大型トラックで直送し、得意先に届けていた。

新たな物流体制では主な供給工場を、アサヒビールは吹田工場、キリンビールは神戸工場に変更する。配送センターまでの鉄道輸送は、関西~北陸間の往復輸送量の差により発生する空コンテナを有効活用し、日本貨物鉄道(JR貨物)が行う。共同配送センターの運営は日本通運が行い、両社の製品も管理する。得意先への配送はビール2社の物流子会社が行う。年間1万台相当の長距離トラック輸送を鉄道にモーダルシフトすることで、年間約2,700tのCO2削減を実現する見込みだ。

【配送センター概要】▽名称=アサヒビール金沢配送センター/キリンビール金沢物流センター▽住所=石川県金沢市専光寺町イ54 日通専光寺物流センター内▽面積=敷地5,000坪、建物1,200坪(倉庫3棟のうち1棟)