国税庁はこのほど、平成28年度の日本産酒類の輸出動向を取りまとめ公表した。取りまとめによれば、日本産酒類の輸出金額は約430億円(前年比110.2%)となり、5年連続で過去最高を記録した。数量についても12万4,710klと過去最高水準。清酒の輸出金額についても、156億円(同111.2%)となり、7年連続で過去最高となった。(続きは本紙で)