霧島酒造の主要銘柄「黒霧島」「白霧島」「赤霧島」が、4日に米国ロサンゼルスで開催された「第90回アカデミー賞授賞式」後の祝賀会「ガバナーズ・ボール」で振る舞われた。アカデミー賞授賞式後の祝賀会でシェフが特別に振る舞うお酒としては、ビールやウイスキーなどを含めた日本製のアルコール類で初めての採用となる。

今年1月に、宮崎県都城市出身ロサンゼルス在住の女性映画監督である曽原三友紀氏が、アカデミー賞公認シェフのウルフギャング・パック氏と、同氏が経営する「Spago 本店」総料理長の矢作哲郎氏に、宮崎県を代表する食材の宮崎牛と「黒霧島」を紹介し、好評だったことから今回の採用に繋がった。

同社では「この機会をチャンスと捉え、これまで以上に海外の人にも焼酎を知ってもらい、飲んでもらい、ファンになってもらえるような活動に取り組んでいく」としている。

〈食品産業新聞 2018年3月8日付より〉

【関連記事】
「黒霧島」 メガブランド焼酎のこだわり製法と人気の秘密とは
宮崎県の26蔵が一堂に会す「焼酎ノンジョルノ宮崎」開催
本格焼酎の出荷 霧島・雲海好調で宮崎はプラス 鹿児島は減少も"西郷どん"に期待
日本産酒類輸出金額は約545億円で6年連続過去最高、数量も過去最高水準