サッポロビールは「男梅サワー」のブランド体験イベント「男梅屋台」を各地で展開している。昨年に続く2回目の東京・大阪会場は25日まで開催中。今回が初の名古屋・仙台会場は5月28日~6月1日の開催予定。

昨年の大阪会場は3日間で3,800人が来場し、1人平均1.5杯の注文数だった。同会場では今年、5,000人の来場を目標としている。
会場で提供している「ウメカク」2種類と「男梅サワー 飲み方いろは」シリーズ5種類

会場で提供している「ウメカク」2種類と「男梅サワー 飲み方いろは」シリーズ5種類

〈「男梅サワー」のちょい足しメニュー5種類と「ウメカク」2種類を提供〉
ドリンクは425mlのプラカップ1杯100円で、以下のメニューを提供している。

「男梅サワー」に果実などを“ちょい足し”することで旨さの幅を広げる「男梅サワー 飲み方いろは」シリーズが、昨年も提供した「梅落とし」(梅干し入り)、「梅涼し」(レモン入り)、「香り攻め」(大葉入り)、「梅火山 夏の陣」(青唐辛子入り)と、新しく加わった「浪花咲き」(ガリ入り)の5種類。若年女性に人気の梅酒カクテルブランド「ウメカク」が、「ピンクグレープフルーツ」と「もも」の2種類。

レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」と共同開発したフードメニュー

レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」と共同開発したフードメニュー

〈料理はレシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」と共同開発〉
また、昨年に続き、SNSフォロワー300万人以上を抱える“日本最大級”のレシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」と共同開発したオリジナル料理3品(ピリ辛プルコギ、漬け込み大根フライ、梅おろしなす餃子)を200円で提供している。

同社ブランド戦略部RTDグループの伊藤寿俊マネージャーは、「“男梅サワー”の缶製品は、1月~4月の缶チューハイ市場全体が110%ほどで動いている中、少し価格が高いにも関わらず116%で推移している」と手応えを述べた。開催時期については、「大阪は昨年、商品が動くゴールデンウィーク前の4月末に実施したが、今年は、6月6日が梅の日で、梅酒を漬け始めるこの時期に開催した」と説明した。

〈「男梅屋台」開催概要〉
▲東京=5月21~25日、サナギ新宿(東京都新宿区新宿3-35-6 甲州街道高架下)
▲大阪=5月21~25日、グランフロント大阪(大阪府大阪市北区大深町4-1)うめきた広場サブスペース
▲名古屋=5月28~6月1日、SUNSHINE SAKAE(愛知県名古屋市中区錦3-24-4)1Fグランドスペース・B1Fグランドキャニオン広場
▲仙台=5月28~6月1日、AER(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1)アエル広場

※各会場、17~22時の開催

〈酒類飲料日報 2018年5月23日付より、一部加筆修正〉

【関連記事】
・ビール190円、チューハイ150円 “破格の安さ”で挑むコロワイドの新業態
・スシローが“寿司居酒屋”に挑戦 フランチャイズ視野に100店構想
・ホルモン専門店の目玉に「こぼれホルモン丼」 海鮮の“こぼれ”ブーム背景に開発
・幸楽苑 中華そば=チャーシュー増量、ギョーザ=肉の量1.5倍 看板商品刷新で反転攻勢へ