北海道~九州の各地区アイスクリーム協会は、5月9日「アイスクリームの日」にちなみ、全国7都市で5月6~19日にわたり「アイスクリームフェスタ2018」を開催、計約2万個のアイスの無料配布を行う。日本アイスクリーム協会共催。

1964年制定の5月9日「アイスクリーム日」のPR、消費拡大活動の一環で、記念日当日は全国各地で福祉施設などへアイスの寄贈や、プレゼントなどイベントを実施する。
2017年も登場した「アイスクリーム王子」

2017年のフェスタにも登場した「アイスクリーム王子」

各地のフェスタでは、アイスの無料配布のほか、日本アイスクリーム協会のオリジナルキャラクター「アイスクリーム王子」との触れあいなどを通じ、アイスのおいしさ・楽しさを幅広い世代にアピールする。各地区開催日、場所、サンプリング数は次の通り。

△東海=5月6日、名古屋市中村区名駅1丁目のナナちゃん人形前、約2900個
△北海道=5月9日、札幌市中央区の地下歩行空間北3条交差点広場、約1000個
△東北=5月9日、仙台市青葉区一番町のぶらんどーむ一番商店街、約2600個
△九州=5月9日、福岡市中央区の三越ライオン広場、約3300個
△関東=5月12日、東京都世田谷区の二子玉川ライズガレリア、約4000個
△近畿=5月12日、大阪市北区梅田一丁目のディアモール大阪ディーズスクエア、約3300個
△中国=5月19日、広島市中区の紙屋町シャレオ地下中央広場、約2500個。

〈食品産業新聞 2018年4月12日付より〉

【関連記事】
"売れすぎ"で休止中のアイスクリーム「ブリュレ」、販売再開/オハヨー乳業
忙しい朝に役立つ“朝食向けアイス”、森永製菓「グラノーラビスケットアイス」
「コカ・コーラ」史上初のフローズン飲料 “シャリシャリ食感”実現に構想から8年
コンビニアイスに広がる“お一人様需要” 求められるのは「価格に見合う満足感」