ロッテは、飲むアイス「クーリッシュ」のプロモーションの一環として、東京・銀座三越で開催中(4月24日~5月6日)のアイスクリーム万博「あいぱくTOKYO」で、ハウス食品「とんがりコーン」と組み合わせた食べ方「とんがりクーリッシュ」を紹介している。4月24日と5月4日、5日の3日間限定で小さなアイス屋さんを出展し、「とんがりクーリッシュ」無料体験やフォトブースなどを展開。

「とんがりコーン」と「クーリッシュ」を組み合わせた食べ方がSNS上で話題を呼んでおり、さらに多くの人に楽しんでもらおうと、公式に紹介する場を設けたもの。「とんがりコーン」をソフトクリームのコーンに見立て、その上に「クーリッシュ」を絞ると、かわいらしい小さなアイスが出来上がるという内容。期間限定ブースでは3日間計で900セットの「とんがりコーン」と「クーリッシュ」(バニラ、冷やしパイン、カルピスの中から1種を選ぶ)をサンプリングし、客がその場で「とんがりクーリッシュ」を作って楽しむ。

全長110cmの小さなアイス屋さんの空間で、フォトブースも設け、SNS映え、話題化を狙う。当日撮影した写真を「#体とんがりクーリッシュ」でSNS投稿した人の中から先着で各日330人にクーリッシュの特製巾着をプレゼント。
「小さなアイス屋さん」ブースと「とんがりクーリッシュ」(イメージ)

「小さなアイス屋さん」ブースと「とんがりクーリッシュ」(イメージ)

〈関連記事〉昨夏はお台場に2m超の「クーリッシュ」が登場、冷気噴射シャワーで家族連れに涼を贈った=https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2018/07/2018-0731-1136-14.html