日清製粉は11~13日、東京ビッグサイトで開かれた「2018麺産業展」に出展し、糖質30%オフのそばの紹介、試食を実施した。

同社は糖質制限対応麺用ミックス粉「M‐207」を販売している。「M‐207」は100g当たりの糖質量が31.7gで、一般的な小麦粉よりも糖質54%オフの小麦粉。用途はうどん、中華麺、パスタ、そばなど麺類に広く使える。ロール製麺機にも対応。食物繊維も豊富で100g当たりの食物繊維は34.6g。

今回は「M‐207」を使用したそばの試食を実施。そば粉と配合し、一般的なそばと比べて糖質30%オフのそばを提供した。同社担当者は「試食いただいた方からは高評価を得ている。一般来場者の方からは『これで糖質30%オフなら、これを食べたい』とも言っていただいた。そば店の店主様からは一部厳しいご意見もあったが、『クオリティは高い』と評価いただいた。更なる品質向上にも取り組んでいきたい」と述べた。

〈食品産業新聞 2018年4月19日付より〉

【関連記事】
〈インタビュー〉日清製粉グループ本社・見目信樹社長 「総合力」を実践に移し、強い企業集団目指す
〈第47回食品産業技術功労賞〉オリエンタル酵母工業 おにぎり品質向上剤 「ナイスライス結(ゆい)・快(かい)」
〈第47回食品産業技術功労賞〉明星食品 即席麺市場における低糖質麺の普及
〈第47回食品産業技術功労賞〉小林生麺 アメリカでのグルテンフリーめんの普及