〈感謝の気持ちをパッケージに〉
インスタント袋麺のNo.1商品「サッポロ一番 みそラーメン」(サンヨー食品)の発売は1968年9月。今年、発売50周年を迎えた。9月からはテレビCM、記念商品、店頭での大陳企画などのプロモーションで市場を盛り上げる。また、記念商品「サッポロ一番 みそラーメン 5個パック 50周年記念 今限定 ゴールドパッケージ 特製七味付き」を投入。レギュラー品と合わせて「サッポロ一番 みそラーメン」は前年同月比2桁増に迫る推移だ。

「サッポロ一番」のテレビCMでは、竹内さん一家シリーズ(竹内結子さん、劇団ひとりさん、寺田心君が出演)を展開。9月からの「今も昔もアイラブユー篇」では、ロングセラー商品として世代を超えて愛されてきたことを伝える。

9月3日発売の50周年記念商品「サッポロ一番 みそラーメン 5個パック 50周年記念 今限定 ゴールドパッケージ 特製七味付き」には、信州の名物「八幡屋磯五郎」の特製七味を貼付。パッケージに大きく「50周年ありがとう」とメッセージを記載した。 記念商品、テレビCMの展開では、「商品プロモーションよりも、感謝のメッセージを伝える内容を伝えていく」との姿勢。

「サッポロ一番」ブランドは近年、食べ方提案などの施策により、その価値の再評価が進んでいる。需要が落ち込む夏季に仕掛けた「夏は冷やしてサッポロ一番!」は2年連続で売上を押し上げた。今回の「みそラーメン」の50周年プロモーションも、ヘビーユーザーを盛り上げるだけでなく、新規ユーザー獲得、休眠ユーザーの掘り起こしにつながる流れを作っている。

〈食品産業新聞 2018年10月1日付より〉